土地活用

駐車場からの転換などの土地の有効活用事例

”ここに住みたい”と思われる建物に
新築1棟目の賃貸マンションをPC造で実現

  • 土地活用

建物名PHENIX VILLA りんくう
所在地大阪府泉佐野市
敷地面積1156.68㎡(349.89坪)
建物規模5階建-1K-60戸-1棟
竣工時期2018年2月

オーナー様の声

「私のこだわりに真摯に対応してくれたユーレックさんに感謝しています。
入居者の視点を大切にしながら50年残る建物をつくりたいという
当社のコンセプトにかなう100点満点に近い建物が出来ました。」

梁柱がなく広々と使える居室を提供できる
壁式構造が画期的でした

関西国際空港に隣接する「りんくうタウン」駅周辺は医
療・商業施設や大学などが集まるニュータウン。
このたびF社の代表取締役会長A様は、
この街で弊社のPC造賃貸マンションを新築。
ご子息で代表取締役社長のS様をお訪ねしました。
関西一円で不動産賃貸経営事業、建物管理業を中心に
展開されているF社様。

これまでは既存の賃貸物件購入をメインとされていましたが、
数年前より新築を事業の新機軸として計画されてきました。
「フェニックスヴィラりんくうは、
当社が一から計画した記念すべき新築第一号物件です。
情報収集の段階でユーレックさんのPC工法に目が留まり、
話を聞きたくなりました。
短工期、壁式構造で梁柱がなく、
工場生産のPC板は品質が信頼できることなどが決め手でした」とS様。

正面にデザインウォールを設け個性を発揮、差別化を実現

外観・エントランスのデザインにはヨーロピアンなこだわりを

他物件との差別化のため随所にこだわりを取入れ、
外観やエントランスはヨーロッパ調の趣向を凝らし、
共用部照明等、細部に至るまで何度もショールームに足を運び、
丁寧に計画されました。
「入居者目線で品質を最優先しました。
例えばバルコニーの内側や共用廊下は、
入居者が毎日目にする所。経年劣化を最小限に、
長く快適に暮らしていただくため、タイル仕上げにしています。

初期投資を惜しまず優良な建物にすることは、
メンテナンス頻度やコスト面で後々生きてきます。」
賃貸管理業を通じて得られたお考えのもと、
入居者もオーナー様も満足度の高い事業展開をされています。

ヨーロッパ風の格調と重厚な趣を醸しだすエントランス
アンティークデザインの照明

弊社担当者との打ち合わせ風景

写真中央がS社長、
右隣は弊社 中西、辻野、福田。
左端は営業担当の水上。

その他の事例