PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法とは?

PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法とは?

PC工法 4つのポイント!

工場生産により、建設コストを圧縮
規格化された部材を専用の自社工場で量産するため、躯体コストを抑えることができます。
天候や建設作業員不足による工程への影響が少なく、工期を短縮
建物の基本となる部材を自社工場で製造した後、建設現場へ持ち込み躯体を組み立てるので、建設現場の手間が少なく、少ない作業員で早く工事を進められます。
いつでも均一で安定した品質
建物の躯体となるPC板は工場生産ならではの均一で高い品質が保証されています。
地球環境にも近隣住民にもやさしい
木製型枠をほとんど使わないPC工法は、在来工法に比べて産業廃棄物の排出を減量化でき、木材資源も浪費しません。コンクリート打ちの騒音や型枠解体時の粉塵など、在来工法につきものの近隣へのご迷惑を最小限に抑えます。

PCとRCの違い

「PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法」とは、建物の基本となる部材をあらかじめ工場で製造した後、現場へ持ち込み組立てる工業化工法です。一方の「RC(在来工法)」とは、現場で鉄筋・型枠を組み、コンクリートを流し込んで躯体を造る工法です。

  • PC工法
    (Precast Reinforced Concrete)

  • RC工法
    (Reinforced Concrete)

PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)板製造工程

大成ユーレックのPC(プレキャスト鉄筋コンクリート)板は、ISO9001を取得した工場で、徹底した品質管理のもと製造されています。

  1. 鉄筋セット

  2. 型枠セット

  3. コンクリート投入

  4. 仕上

  5. 脱型

  6. 検査・保管

  7. 搬出

  8. 建設現場にて組立て