お知らせ

川越工場にて改修工事によるZEB認証を取得しました

大成ユーレック川越工場は、改修工事によりゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化されます。
このたび、事務所棟にて「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)※1」において、5段階評価のうちの最高位である5つ星の評価認証を取得しました。
今後、大成建設にて改修工事が進められ、2023年3月末に完成する予定です。
/kawagoefactory

主なリニューアル項目
●事務所棟:屋根に太陽光パネル
・低炭素マテリアル内装材
●工場棟:屋根に太陽光パネル/窓面にT-Green Multi Solar
・カーボンリサイクルコンクリート※2
・CLT材による耐風梁補強


CO2削減量:年間110t/年
光熱費削減:500万円/年
発電能力:1,060KW
年間推定発電量:1,040MWh



※1 建築物省エネルギー性能表示制度(BELS:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)
国土交通省が主導する新築・既存建築物の省エネルギー性能に関する評価・表示を第三者評価機関が実施する認証制度。国が定める計算方法に則りBEI(省エネルギー性能指標)値を算出し、その値によって☆の数が決定する。特に省エネルギー性能に優れた建物がZEB(『ZEB』、Nearly ZEB、ZEB Ready、ZEB Oriented)として認証される。
※2 工場棟には、当工場で発生した廃コンクリートをリサイクルしてカーボンリサイクルコンクリート(CO2吸収コンクリート)のPC部材を作成し、腰壁として設置します。カーボンリサイクルコンクリートについてはこちらをご覧ください。(https://www.taisei.co.jp/t-econcrete/


■大成ユーレック川越工場を含む大成建設既存3施設のZEB化についてはこちらをご覧ください。
https://www.taisei-techsolu.jp/solution/ct_renewal/zeb_zeb.html