弊社は、1963年に「大成プレハブ」として創業し、2001年に更なる発展を期して現在の「大成ユーレック」へと社名を変更いたしました。

創業当時は高度経済成長前半期にあり、壁式PC(プレキャストコンクリート)による集合住宅建設のパイオニアとして、優良な公共住宅の大量供給という社会的要請に応えてまいりました。
その後も、民間分譲マンションや賃貸マンションを軸に、社宅・寮・高齢者向け住宅など、数多くの集合住宅の新築工事とリニューアル工事を手がけてまいりました。この間、弊社が創業以来今日まで発展を遂げることができましたのも、お客様お取引先をはじめとする皆様の温かいご支援やご協力の賜物であると、ここに改めて深甚なる感謝の意を表する次第でございます。

これからも私たちは、大成建設グループの一員として「人がいきいきとする環境を創造する」というグループ理念のもと、安心安全で快適な居住空間の創造に向けて前進し、社会から信頼され、社会から求められる企業を目指してまいります。

今後とも倍旧のご支援・ご愛顧を賜りたくお願い申し上げます。

大成ユーレック株式会社
代表取締役社長

松三 均

松三 均