リニューアル集合住宅などの大規模修繕実施例

ご家族で管理会社を経営。2棟を同時改修

計画的な改修と、ご家族による丁寧な管理で入居者に支持され続ける賃貸マンションに。

建物名:ジュネス和光/エクセル和光

所在地:千葉県船橋市

    1992年01月竣工/2006年09月改修

建物規模:ジュネス和光:5階建-3DK 15戸・3LDK 5戸、エクセル和光:3階建-3DK-12戸

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

改修内容:外壁塗装・外構工事など

「リニューアルやメンテナンスで建物の質を維持していくことで、良い建物に良い管理をしていれば良いお客さんが来てくれると思います」

築14年、築19年。賃貸マンションの2棟同時改修を実施

千葉県船橋市に賃貸マンションをはじめ、複数の不動産を所有されているH様ご姉妹は、10年ほど前から不動産管理会社を設立して資産管理を行っていらっしゃいます。大成ユーレックとは20年来のパートナー。これまで5棟の賃貸マンションの建設、アフターメンテナンスでおつきあいをさせていただいています。

今回はそのうち2棟の外壁塗装など、改修工事を同時に実施。築14年となる「ジュネス和光」と築19年の「エクセル和光」のリニューアル工事について H様にお話を伺いました。

オーナー様こだわりのアクセントカラーで目を引く建物に

「エクセル和光」「ジュネス和光」はこれまでにも計画的な改修を経て来られ、3年前には屋上防水工事を完了。今回は外壁塗装と一部外構のグレードアップに着手されました。外構部分では、照明の配置を変更し夜間の照度を確保したり、敷地入口にモニュメントとなる石を置きました。塗装では壁面の一部にアクセントカラーを採用。「銅製品の緑青の色が気にいっていて、いつか建物に採り入れてみたいと思っていました」というH様の気持ちが込められています。

その結果、以前よりも明るめのベージュにグリーンのラインで目を引く建物に仕上がりました。鉄道新駅のホームからも見える外観は青空に映えていました。そして「エクセル和光」も同じ色調に。改修後の外観は隣接するご自宅やお庭の緑にも調和し、街並を明るく彩っています。

街並みに明るい彩りを添えて建つエクセル和光。改修後、入居希望者の問い合わせが増えたそうです。

建物の状況や入居者の声を聞き、丁寧な対応で管理に臨まれています

今回の改修では「室内まで明るくなった」という入居者の声も。「入居希望者に第一印象で住みたいと思われ、入居中の方にも住み続けたいと思われる建物にしたいですね。そのためにはリニューアルやメンテナンスで建物の質を維持していくことが不可欠ですし、良い建物に良い管理をしていれば良いお客さんが来てくれると思います」「これからも日頃から入居者の声を聞いて、その時々のニーズに合うように進めていければと思います」とH様。

H様ご一家では数年前に相続が発生。そうした状況もご家族皆さまの力で乗り越えてこられました。管理会社についても、信頼できるスタッフの方々に囲まれ、丁寧な管理をされています。これからもチームワークを発揮して取り組んでいきたいというH様ご姉妹。大成ユーレックも、H様ご一家の末永いパートナーとしてご協力させていただきたいと思っています。

改修前のエントランス

改修後のエントランス

H様姉妹をはさんで右は管理会社の皆さん。左は当社営業担当 と工事担当者。