リニューアル集合住宅などの大規模修繕実施例

2回目の大規模修繕で美しく再生

屋根や外壁を中心に大規模修繕を実施されました。

建物名:ネオ・アーバン武蔵藤沢

所在地:埼玉県入間市

    1985年5月竣工/2013年12月改修

建物規模:5階建-3LDK-42戸―1棟

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

改修内容:大規模修繕工事(2回目)

「対応が早くて安心」「礼儀正しく、好感が持てました」
「委員会のチームワークとユーレックさんの対応力の成果だと思います」

修繕委員会を結成し、計画をすすめた2回目の大規模修繕

29年前に当社で施工したネオ・アーバン武蔵藤沢。数年前に漏水があり、それを機に今回2回目の大規模修繕を決められました。12、3年前に行った1回目の大規模修繕では理事会に建物や工事を見極める機能がなかったため、いろいろ後悔
する結果に。今回はみなさんが納得できる工事をするために、4年前に修繕委員会立ち上げ、計画を進めてこられたそうです。

屋根瓦の改修が決め手となり、当社を選定

最大の課題であった屋根瓦の改修は葺き替えか修繕かで、かなり迷われたそうです。 「同じ瓦はもう生産されていないと聞き、瓦を撤去してアスファルトシングルに葺き替えるという案も当初ありました。しかし、ユーレックさんにはまだ在庫があると分かったんです。

漏水対策をした上で葺き替えを最小限にし、塗装・補修で対応することで、コスト的にも納得のいく結果になりました。」と、皆様。新築時のデータもあり、また、マンションを施工した会社であるため住民の方々の信頼も厚かったことから当社をお選びいただきました。

経年劣化が進み、一部に割れも生じてきた屋根瓦を総点検後、洗浄・塗装、部分補修を実施

住民の方に工事の進捗を報告。納得できる改修を実現

今回の改修工事では、住民の方々に計画の進捗状況を伝えるために委員会の内容や工事の状況をリニューアルニュースとして修繕委員会から発行してきたそうです。そうした情報公開をしてきた甲斐もあり、外観の色をはじめ様々な決め事も住民の皆様に快く協力していただけたそうです。

当社の工事に関しても、「対応が早くて安心でした」や、「礼儀正しく、好感が持てました」とお褒めの言葉をいただきました。今回の大規模改修については、「委員会のチームワークとユーレックさんの対応力の成果だと思います。」と皆様が納得できる改修となりご満足な様子。今後も、建物の維持管理に精一杯努めさせていただきます。

ネオ・アーバン武蔵藤沢 外観 改修後

ネオ・アーバン武蔵藤沢 理事会・修繕委員会のみなさま