リニューアル集合住宅などの大規模修繕実施例

日頃の気配りでタイミングを掴み2度目の改修を実施

2度目の改修工事で明るさを取り戻したマンション。
日頃の気配り目配りで品質維持に臨まれています

建物名:Mコーポ

所在地:大阪府高槻市

    1983年9月竣工/2006年12月改修

建物規模:3階建-3DK-18戸

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

改修内容:大規模修繕工事(2回目)

「入居者と会えば話もできるので、設備の不具合も大事になる前に対応できていると思います」

改修は建てたところに任せるのが一番。 ご主人の思いを引き継がれ、2度目の改修を実施。

大阪と京都のほぼ中間に位置する高槻は、京阪神に通勤する人々のベッドタウンとして発展している街です。駅前再開発も進み活気を増す高槻の、JR京都線と阪急京都線の2駅2路線を利用できる住宅地に、M様ご所有の賃貸マンションはあります。竣工は23年前、お義父様、ご主人から引き継がれたものです。

「主人が“PCは独自性のあるものだから修繕は建てたところに任せるのが一番だ”と生前言っていまして、1回目の改修工事も大成さんに。それと12年前の震災の時、大成さんはすぐに被害状況の確認に来てくれたんです。その対応の早さは今でも忘れられません」というM様。この度、2度目の改修工事を当社で実施されました。

細部に渡るメンテナンスで築年数を感じさせない建物に“明るくなった”と入居者からも好評

できる限り今の人のニーズに応えられるものにしています

今回の改修では、屋上防水、バルコニーのウレタン防水、外壁・鉄部塗装そして階段床の防滑シート張り、掲示板・郵便受取箱の取替えを実施。外観は明るさを取り戻し、新たに階段床にシートを張ったことで、入居者から“今までより足もとが明るくなって気持ちがいい”と喜ばれているそうです。細部に渡るメンテナンスで、23年という築年数を感じさせない状態を維持しているMコーポ。

 

「最近では室内も退出時に個々にリフォームして、和室を洋室に、3DKを2LDK にするなど、できる限り今の人のニーズに応えられるものにしています」とM様。貸室は南面に多く居室が確保された間取り。明るくて住み心地がいいと入居者に好評で、長く住み続けている方が多いそうです。

防滑シートの貼り込みにより、安全性と明るさが増した階段

階段踊り場の外側に設置したパンチングメタ ルのパネル

家庭菜園で朝の水やり、そしてマンションを一回りするのが日課

入居者との会話で設備の不具合を事前に把握

M様は数年前まで自主管理をされていましたが、現在は不動産会社へ委託。とはいえMコーポはご自宅から徒歩数分。近くの土地で家庭菜園を楽しまれてもいる M様は、建物へも度々立ち寄られているそうです。「早起きして畑に出掛けて、マンションも一回りしてというのが日課のようになっています。そのおかげで建物の変化にも気付きますし、入居者と会えば話もできるので、設備の不具合も大事になる前に対応できていると思います」とM様。

 

入居者が快適に暮らせるよう日頃から気配りをされ、新たな入居者獲得においても、第一印象となる外観を美しく保つことを重視されています。実際にMコーポでは、内覧に訪れた人から「築23年には見えない」と好評だそうです。「以前はこの土地で農業をしていたんですよ。その頃からの思い出もありますし、義父、主人から引き継いだものですからこれからも大切にしていきたいですね」とM様。当社もM様の大切な資産の維持に尽力していきたいと思っています。

南面に3つの居室を確保した間取りのMコーポは、採光に優れ住みやすいと好評。「住み心地がいいと長くお住まいになる方が多いです。」とM様

M様と当社の山下。