土地活用駐車場からの転換などの土地の有効活用事例

市場性を的確に把握。防犯、デザインにも配慮し入居者ニーズに応える物件に

賃貸経営の経験を随所に活かした建築計画。
ご子息との共同事業で地域密着型事業の拠点もできました。

建物名:Riverside塩沢III

所在地:東京都大田区

竣 工:2006年3月

敷地面積:198.46㎡(60.03坪)

建物規模:4階建-1LDK-7戸 1階:店舗/2~4階:賃貸住戸

建物構造:鉄筋コンクリート造

「壊すまでの長い間貸主として付き合っていく訳ですからメンテナンス性は重要な要素ですね」

賃貸経営の経験から品質とメンテナンス性を重視

東急多摩川線矢口渡駅から徒歩5分。リバーサイド塩沢Ⅲは商店街を抜けたあたりの住宅地に位置しています。オーナーである塩澤様は約17年前にPCマンションを建築されており、リバーサイド塩沢Ⅲで4棟目の建築になるというベテランのマンションオーナーです。今回の建築計画はご子息との共同事業で進められました。これまでの賃貸管理の経験から、「壊すまでの長い間貸主として付き合っていく訳ですからメンテナンス性は重要な要素ですね」と語る塩澤様。

建物の品質の高さや、きめ細かなメンテナンスなどを通し信頼と評価を頂いています。また「入居者が安心して住めるのはRCではないでしょうか」「建築中には耐震偽造問題がおこり、入居者へ説明できるよう過去3棟分もあわせて耐震性能の説明を受けました」とおっしゃるように、常に入居者のことを考えていらっしゃいます。鉄骨造の方が貸室面積を広く計画できることをご存知の上で、鉄筋コンクリート造を選択されました。

経験を活かした人気の仕様・設備

1階に設けた「スリーオーク」オフィス

賃貸住戸には収納力たっぷりのシステムキッチンや半透明の可動間仕切り戸などを採用。使い勝手の良い空間設計。

付近の不動産業者とのお付き合いも多いという塩澤様。自ら市場調査を行い、周辺に少ない1LDKの間取りを採用し差別化を図りました。設備・仕様関係については、所有物件のリフォーム時などに入居者や業者へヒアリングされてきた蓄積を活かし、ご子息である正徳様が中心となり決定しました。オートロック設備はもちろんのこと、防犯カメラやカードキーなど防犯配慮を充実。

モダンな室内と外観も入居者ニーズに応え、すぐに満室となりました。マンションの1階に設けた店舗スペースは、塩澤様が新たに始める総合不動産会社「スリーオーク」のオフィスとして7月よりOPEN。運営・管理を通じた「地域から愛される賃貸住宅」発信の拠点として、街づくりへの貢献が期待されています。