土地活用駐車場からの転換などの土地の有効活用事例

内装や設備仕様にこだわり 上質の賃貸マンションを建設

インフラ整備のタイミングに合わせ駐車場から賃貸マンションへ。
効率よりも質を重視して企画した広々1LDK、充実した設備が好評です。

建物名:La Belle de jour

所在地:茨城県水戸市

竣 工:2007年3月

敷地面積:1,384.96㎡(418.95坪)

建物規模:5階建-1LDK-20戸

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

「他と差別化が図れ、一目で気に入ってもらえるもの、自分も住みたくなるようなものを目指しました」

自邸、店舗に隣接する敷地に賃貸マンションを建設

都心から常磐特急で約1時間、JR水戸駅は再開発が進み、現在分譲マンションの開発も盛んに行われています。また、梅の名所で知られる偕楽園や千波湖など、周辺は水と緑に恵まれた潤い溢れる環境です。そんなエリアにお住まいのN様は今春、ご自宅に隣接する敷地に5階建ての賃貸マンションを新築されました。

以前は月極駐車場として利用されていましたが、市による公共下水道の整備計画が進められたこともあり、土地の有効活用を検討。新築された建物の隣でレストランを経営されているご長男様にお話を伺いました。

供給過剰のファミリータイプを避け、1~2人世帯向けで勝負。 自分も住みたくなるような住空間を創造

すでに他所で木造アパートを所有されているN様。入居中のトラブルでは音に関することが多いとご存知で、新築にあたって、入居者が快適に暮らせる建物のクオリティを重視されました。

数々のハウスメーカー、工務店の建物をご覧になり、パルメゾンが気に入られたことをきっかけに当社とのお付き合いがスタート。その後、検討を重ね、よりデザイン性もブラッシュアップされたパルローグに決定いただきました。

防犯カメラが入居者の暮らしの安全を見守ります。

広々1LDK、収納、セキュリティの充実で好評のマンションに。 竣工と同時に満室稼働されています。

ホワイト系のフローリングと黒い建具のコントラストがモダンな印象のインテリア

レストランを経営されているオーナーならではのこだわりのキッチン

通常2LDKとなるパルローグの基本プランから、リビング・ダイニングを広々とした50㎡代の1LDKにプラン変更。洋室にはたっぷりとしたサイズのウォークインクローゼットを設置しました。
また、独立型キッチンを採用し、リビングで過ごす時に生活感をシャットアウトして寛げる空間にしています。

壁面にはピクチャーレールを設けるなど、暮らしを楽しめる工夫も。さらに非接触式ICカードキー、防犯カメラなどセキュリティ設備も充実しています。「元々何にでも興味を持つ方。マンションづくりは初めてでしたが、過程も面白かったですね。こだわったらきりがなくて」

目を引く建物に完成前から問い合わせが多数寄せられ、竣工と同時に満室稼働されています。オーナーシェフとして、お客様をもてなし、楽しませることに心を注がれているN様。入居者の方々にも、暮らしを楽しんで過ごしてもらえたら嬉しいですね、とのことでした。

N様がオーナーシェフをされているレストラン の前で。N様(右)と当社営業の安部(左)