相続対策相続対策のためにマンション経営を選択された事例

将来の相続に備えて資産を守るための策を。安定経営のために様々な工夫を採用

1棟目でご納得、2棟目の賃貸マンションも当社で新築。
「サブリースでも常に満室」を重視した計画を実施されています。

建物名:グランディール戸田公園

所在地:埼玉県戸田市

竣 工:2007年9月

敷地面積:1,107.61㎡(335.05坪)

建物規模:5階建-2LDK-20戸

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

「将来の相続に備えて資産を守るための賃貸マンション。出来栄えにはとても満足しています。度々建物を見に行き、週に2回は周りの掃除もしています。子供や孫のためにもよい建物が出来てよかったです」

将来の相続に備えて資産を守るための策を。当社で2棟目の賃貸マンションを新築

M様が1棟目の賃貸マンションを建設されたのは、今から約5年前のこと。「1棟目の土地も貸し倉庫や駐車場でしたが、将来の相続のことを考えて有効活用しておくべきだと考えていました。
そこで以前から付き合いのある有限会社松本土地建物の松本社長に大成ユーレックさんをご紹介いただいたんです」。それから約5年が過ぎた今年9月、1棟目の向かい側の敷地に、再び当社で2棟目の賃貸マンションを新築いただきました。

採用されたパルローグは、ストレートバルコニーに白いマリオンの組み合わせ。ブラウン系のタイルは1棟目を意識した色使いです。

サブリースでも常に満室を重視。敷地を有効に活かせるPC造5階建てに決定

1棟目は初めての賃貸マンションということもあり、当初は満室になるのか不安もありました。賃貸経営は資産維持のための方策。サブリースではあるものの、建てた以上は満室にしたい。だから管理会社とも日頃からよく話をして努力してもらっています」とM様。
今回の建物は、整った長方形の敷地を有効に活かせるPC造5階建てに決定。3LDKである1棟目とは異なった2LDKプランにすることで入居者層を分散し、募集を行う上でのリスクを低減する配慮も施されています。ワイドな階段を設けたゆとりあるエントランスはM様が特にこだわられた所で、堂々たる佇まいで通りから目を引く存在となりました。

長期的に高いクオリティを維持できる建物にしたいとPC造にご決定。 道路に面して設けた駐輪場の壁やエントランスが一体となり堂々とした佇まいです。

充実の設備、趣向を凝らしたプランも注目されて満室に

「賃貸経営の経験を元に2棟目は一段と趣向を凝らしました」とおっしゃるように、M様は入居者確保・満室経営のために設備投資にも積極的に臨まれています。女性に人気のある設備に注目され、洗浄機能付き便座や半透過性のワイドな洋室間仕切りを採用。またモニター付きインターホン、オートロック、ディンプルキーなどセキュリティ面も充実させています。最上階にロフト付き住戸を設けるなど、趣向を凝らしたプランも注目を集め、最上階から順に入居者が決定。竣工と同時に満室稼働されています。
「出来栄えにはとても満足しています。度々建物を見に行き、週に2回は周りの掃除もしています。子供や孫のためにもよい建物が出来てよかったです」とお喜びいただき、竣工式も実施されました。建物の維持を通じて、大成ユーレックはM様のオーナーライフを末永くサポートさせていただきます。

最上階にはロフト付住戸も。 特徴ある間取りも注目の的となり、最上階住戸から入居が決まりました。