土地活用駐車場からの転換などの土地の有効活用事例

長期に亘る事業性を重視してPC工法による賃貸マンションを建設

建物名:Avenir vie

所在地:大阪府箕面市

竣 工:2016年2月

敷地面積:970.60㎡(293.60坪)

建物規模:4階建-1K30戸-1棟

建物構造:壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

「約300坪のまとまった広さ、三方道路という好条件の一方で、行政の指導要綱による厳しい制約がありました。土地の潜在能力を活かしながら規制をクリアするには、大成ユーレックのPC工法が最も適していました。」

事業性を重視してPC工法を採用

2020年に延伸予定の地下鉄御堂筋線。新大阪駅直通の利便性に加え、生活施設も充実した「千里中央」は沿線でも人気の駅です。この地で長くタオル製品・寝装具、ギフトの企画・販売業を営まれているF社様は、この度当社で4度目の賃貸マンションを新築されました。 「一昨年、近隣で土地売却があることをたまたま耳にしたんです。三方向接道の良い土地なので、どのような計画ができるか営業の水田さんに相談しました。すると敷地条件が良いため、市の条例に沿った駐車場台数を確保しながら、PC造の建物で収益性の高い計画が可能とのこと。
それで土地を取得して今回の計画を進めることにしました」と代表取締役のI様。F社様はこれまでに弊社で3棟のRC造賃貸マンションを建設されていますが、PC造の建物は今回が初めて。「話には聞いていましたが、実際に工事が始まると進行の早さに驚きました。計画通りに事業を開始できて良かった。賃貸経営は10年以降もいかに入居率と収益を維持できるかが重要です。PC造は短工期・低価格で初期投資を抑え、長く品質が維持される。10年以降の収支見通しがしやすいことが利点です」と、I様。

2010年竣工「ルミエール千里中央」

2008年竣工「ベル ドミール」

2004年竣工「ベーネ蔵前」

地域の一員として、街の発展に寄与

住空間は入居者視点を意識して女性社員の意見を取り入れ、明るく清潔感のある色調を採用。単身者向けのため、法人契約に明るい全国展開の管理会社を選定されました。「賃貸経営は良好なキャッシュフローが魅力ですがそれも計画次第です。
地下鉄の延伸と市街地計画を控えた地域の一員として、街の発展にも寄与していかねばなりません。所有マンションのリニューアルや建替えなど、資産の価値創りにも積極的に着手していきたい」とI様。伸びゆく地域と自社の将来を展望されていらっしゃいます。

     2、4階は女性好みの清潔感漂う色調に。
     女性社員の意見を取り入れた内装

   1、3階は男性向けにシックな色調の内装を採用

オーナーのI様と弊社営業担当の水田