ファイナンス斡旋

無理のない資金計画が、賃貸マンション経営成功のポイントです。

ローンには民間ローンと公的ローンがあります。民間ローンについては、提携金融機関と賃貸事業融資の基本契約を締結しており、大成ユーレックが融資斡旋を行います。もちろん金利の優遇もあります。
また、公的ローンの代表的なものは住宅金融支援機構融資です。住宅金融支援機構融資は固定で返済期間が最長35年と長いので、経営計画が立てやすく安心です。大成ユーレックは住宅金融支援機構融資取扱いで業界有数の実績があります。
マンション経営を成功させるためには、資金計画も非常に重要になります。大成ユーレックは、お客様の立場で各専門家との調整をさせていただきます。融資に関する疑問点やご要望など、お気軽にご相談ください。

「災害復興住宅融資」の活用による建替え

指で拡大してご覧ください

■事例紹介  「災害復興住宅融資」の活用による建替えテナントビル>賃貸マンション

東日本大震災によって所有する建物の解体を迫られ、建替えを望まれていたオーナー様に、大成ユーレックが満額融資を絶対条件として融資先を検討しました。 そんな折、住宅金融支援機構から東日本大震災に対する「災害復興住宅融資」の制度拡充が発表。すぐに事前相談を始め、「災害復興住宅融資」と「バリアフリー対応高円賃登録賃貸住宅融資」の併せ貸しで満額融資を取り付けることができました。

下記フォームよりお問い合せください。お電話でも承っております。