ニーズの変化を捉える

賃貸住宅市場は、人口構成の推移や景気変動などにより大きく変化が生じます。賃貸マンション経営を成功させるためには、社会の変化と入居者ニーズを的確に把握しておくことが大切です。下の円グラフは、今後ファミリー世帯と若年層の単身世帯が減少する一方、高齢者の単身世帯が増加することを予測した図です。

世帯類型別の賃貸住宅需要の変化

指で拡大してご覧ください

入居率と退居率

■人気設備ランキング

人気設備ランキング

指で拡大してご覧ください

市場調査を行い、入居者ターゲットのニーズに合った企画を行うことが賃貸経営をスタートする際に重要になります。人気の設備や重視される仕様などはインターネットのお部屋探し検索サイトを見ると大変参考になります。さらには、ペット共生型、楽器演奏者向け、セキュリティ重視型などの付加価値を付けて集客力を上げる方法もあります。

(全国賃貸住宅新聞社: 平成24年「これがあれば賃料が上がる」ランキング)

住宅の各要素に対する不満率

指で拡大してご覧ください

利便性が良く、外観がおしゃれで設備仕様が整っていて予算内の賃料だったら…
そんな賃貸マンションはすぐに満室になりそうだと想像できると思いますが、
入居率を上げるための施策と同様に大切なのは退居率をさげることです。
敷金をとれるからと回転率を上げるのがよいとされた時代もありましたが、
供給が需要を上回っている状況では優良な入居者に長く住んでもらう方が安定経営に繋がります。
美しい建物・行き届いた管理は、賃料維持や入居者モラルの低下を防ぎ、
近隣トラブルを避けることもできます。
そして住宅の基本性能をしっかりと備え、入居者にとって安心・安全で居心地の良い住宅を提供しましょう。

不満率のグラフを見ると、
持ち家と比べて不満率の高い「遮音性」や「水回りの使いやすさ、広さ」を改善することによって、、
退居率を減らし安定経営に繋げられると言えそうです。

下記フォームよりお問い合せください。お電話でも承っております。