8月1日のTBSラジオのラジオCMを聴いて、クオカードを当てよう!

TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」(月曜~金曜 8時30分~13時00分)10時20分頃の交通情報 提供中!

ただいま、大成ユーレックでは、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」
(月曜~金曜 8時30分~13時00分)の中で、
10時20分頃の交通情報の提供を行っております。

クオカード

大成ユーレックは、8月1日に創立51周年を迎えました。
そこで、8月1日放送のラジオCM(60秒)を聴いて、お問合せ・資料請求いただいた方の中から抽選で500名の皆様に
「大成ユーレック オリジナルクオカード」をプレゼントいたします。

締切:TBSラジオのラジオCMを聴いて資料請求フォームからのお申込みは、8月3日(日)受付分まで
   お電話によるお申込みは、8月1日(金)17時まで
   ※お申込みは、1世帯1名様までとさせて頂きます。

採用情報・インターンシップ情報

職種 技術系  施工管理 設計 積算 工場製造管理 技術研究・開発 企画 営業 ほか
事務系  総務 法務 人事 経理 企画 営業 現場事務 ほか
初任給 大学卒  月給216,000円
修士了  月給228,000円
諸手当 現場手当 時間外割増手当 家族手当 資格職責手当 通勤交通費全額支給 ほか
昇給 年1回
賞与 年2回(6月、12月)
退職金 勤務年数1年以上の者に、勤続年数に応じて支給
勤務地 本社及び各支店(作業所・工場含む)
勤務時間 内勤(本社・支店) 8:45 ~ 17:30  外勤(作業所・工場) 8:00 ~ 16:45
休日休暇 完全週休2日制 国民の祝日 年末年始 夏期休暇 年次有給休暇(新入社員10日、以後年数に応じて最高20日) 慶弔休暇(結婚、忌引) 産前産後休暇 リバイバル休暇 リフレッシュ休暇 ほか/育児休業・介護休業制度
福利厚生 労災保険 雇用保険 健康保険 厚生年金保険 退職年金制度 財形貯蓄制度 共済会 社宅・独身寮 大成建設グループ施設利用可
募集対象者 2018年3月 大学院・大学卒業見込みの方
もしくは、上記学校を卒業後3年未満の就業経験のない方
募集学科 技術系 建築系学部学科、電気系学部学科
事務系 全文系学部学科
採用人数 15名程度
問合せ先 郵便番号 141-0031
住所   東京都品川区西五反田7-23-1
電話番号 03-3493-4951
FAX   03-3490-5428
E-mail  saiyo@u-lec.com
採用担当 総務部人事室 田窪

■2018年卒採用は一時中止しています。

■インターンシップエントリー受付中

グループ行動指針

第1章 自由闊達

1.風通しの良い企業風土の形成

自由闊達に意見を述べ合い、活気溢れる風通しの良い職場形成に努めます。

2.働きやすい職場の確保

  • (1) 安全で衛生的な職場環境を維持し、労働災害の防止に努めます。特に、工事の施工にあたっては、法令、社内基準、安全計画等を遵守し、工事関係者の安全を確保するとともに、第三者災害の防止等、地域社会の安全の確保を最優先に考えて行動します。
  • (2) 多様な働き方を尊重し、生産性の向上を図ることにより、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現に努めます。
  • (3) 一人ひとりが自らの心身の健康づくりに努め、また職位は部下の心身の健康に配慮します。

3.基本的人権・多様性の尊重

個人の基本的人権・多様性を尊重し、人種、宗教、性別、国籍、社会的身分、身体上の理由等による差別やセクシュアルハラスメント・パワーハラスメント等の人権侵害行為を行いません。

第2章 価値創造

1.人がいきいきとする環境の創造

安全・安心で魅力ある空間と豊かな価値の創造を通じて、人がいきいきとする環境を創造します。

2.価値創造への挑戦

  • (1) 技術・ノウハウを結集するとともに、技術革新と創意工夫により、新しい価値の創造に絶えず挑戦します。
  • (2) 時代の先を常に見据えて、自らの知識・能力の向上に努めます。

3.お客様満足の追求

お客様の立場を十分に理解した上で、お客様のニーズと予算に見合う最適な建設生産物・サービスを提供し、お客様からの期待と信頼に応えます。

4.安全性・品質の確保と向上

  • (1) 建設生産物やサービスの安全性・品質を確保するとともに、それらの更なる向上に努めます。
  • (2) 提供する建設生産物やサービスの安全性・品質の向上に資するよう、品質管理体制の更なる充実及び先進技術の開発やノウハウの蓄積に努めます。

第3章 伝統進化

1.伝統の継承と尊重

ものづくりを始めとするこれまで先人が築いてきた技術や信用を確実に継承するとともに、危機をチャンスに変える気概やチャレンジ精神などの伝統を大切にします。

2.取引業者とのパートナーシップの推進

  • (1) 取引業者と、相互の役割と責任を明確にし、公正で信頼し合える関係を築きます。
  • (2) 取引業者との取引に際しては、対等な立場に立ち、会社の優越的な地位を濫用しません。
  • (3) 取引業者は、価格、技術力、資金力、企業としての社会的信用、環境への配慮等を総合的に評価し合理的に選定します。
  • (4) 取引に先立って、取引業者との役割と責任の分担を合意し、書面化します。
  • (5) 取引業者からの接待、贈答等については、その名目や方法のいかんにかかわらず決して要求せず、受け取りません。

3.環境の保全と創造への取り組み

  • (1) 環境問題の重要性を認識し、環境の保全と創造に積極的に取り組み、自然と人間との共存を目指します。
  • (2) 省エネや3R(リデュース、リユース、リサイクル)等の実践による環境負荷の低減と、新たな環境の創造に向けた技術やアイデアの提案に努めます。

4.地域社会とのコミュニケーション

  • (1) 地域社会との良好な関係を構築し、良き企業市民として社会との対話と協調を図るとともに、社会の発展に貢献するよう努めます。
  • (2) 業務の遂行に当たっては、騒音・振動・悪臭等の公害発生防止に努め、近隣住民・地域の生活環境の確保を図ります。

5.グローバルな事業活動の取り組み

  • (1) グローバルな視点と各国・地域の事情に対する十分な理解とに基づいた、適確な判断・行動を実践します。

6.適切な情報開示

広く社会とコミュニケーションを行い、正確な企業情報を適時・適切に開示するとともに、財務諸表等の作成にあたっては、会計処理基準等の社内ルールに準拠し、財務報告の適正性を確保します。

7.社会的責任の遂行

(1) 社会との共栄

  • (a) 広く企業の社会的責任を果たした上で適正な利益を確保し、社会の持続的成長に貢献するとともに、企業グループとして永続的に進化・発展します。
  • (b) 業務を遂行するに当たっては、自らの言動がお客様のため、会社のため、株主のため、取引先のため、そして社会のために役に立つものであるかを常に意識し実践します。

(2) 法令等の遵守

(イ) 総則

  • (a) 法令等(法令、条例、行政指導、慣習等の社会的ルール、および会社諸規程等の社内ルールをいう。)を遵守するとともに、社会的良識をもって行動します。
  • (b) お客様、取引業者、地域社会等と取り交わした契約や約束を誠実に履行します。

(ロ) 公正な取引の確保

  • (a) 公正、透明、自由な競争を旨として行動します。
  • (b) 業務の入札に際しては、刑法や独占禁止法に違反する行為等、入札の公正、公平を阻害するような行為を行いません。
  • (c) 発注者(発注者に関連する取引先を含む。)や発注者の役職員個人に対して、不正な金品の供与もしくはその約束または社会通念を超える接待や贈答を行いません。

(ハ) 政治および行政との健全な関係の維持

  • (a) 政治、行政との健全で正常な関係の維持に努めます。
  • (b) 政治家、公務員(外国公務員を含む。)との関係において、贈賄等刑罰法規に違反する行為や誤解を受ける行為を行いません。

(ニ) 利益相反行為等の禁止

  • (a) 会社の許可なく会社と競合する他の企業の役員・従業員となること、会社の事業と競合する行為を行うこと、業務上の地位を利用して第三者から個人的に利益を受けること等、自己の利益と会社の利益が相反するような行為を行いません。
  • (b) 会社の財産を私的、不正、または不当な目的で利用・流用しません。
  • (c) 会社の信用、名誉を毀損する行為を行いません。

(ホ) 反社会的勢力・団体への対処

  • (a) 反社会的勢力・団体に対しては毅然とした態度で対応し、不当な要求には応じません。

(ヘ) 輸出入関連法令の遵守

  • (a) 外為法等輸出入関連法令に違反する行為を行いません。

(ト) 情報・知的財産権の管理

  • (a) 会社の内部情報、営業秘密情報等の取扱いに充分注意し、それら情報の漏洩、改ざん、滅失、毀損及び不正使用を行いません。
  • (b) 会社が保有する知的財産権(特許、著作権、ノウハウ等)の保全に努めます。
  • (c) 他者の機密情報の不正入手・不正利用を行いません。
  • (d) 他者の知的財産権を取得または利用する場合は、譲渡契約、使用許諾契約等の条件を遵守します。
  • (e) 業務上知り得た社内外の個人に関する情報については、業務目的以外のために使用せず漏洩しません。
  • (f) 未公表の会社情報に基づくインサイダー取引(株式等に関する内部者取引)を行いません。

改修メニュー

①屋上防水

屋上防水:風雨に直接さらされる屋上は大気中の有害成分により自然劣化が進むところです。大きなトラブルになる前に防水工事を行うことが耐久性アップのポイントとなります。

②建具交換

集合エントランスや玄関ドアの交換により、美観や機能性を向上できます。遮熱や防犯などガラスの種類も様々あり、窓シャッター増設など建具まわりにはニーズに応えた商品が開発されています。

玄関ドア交換

特殊な工具でスピーディーな工事を実現した引抜き工法。

③鉄部塗装

建物には、手摺や屋外階段、メーターボックス扉やエアコン取付棚などに鉄が用いられており、防錆処理を行う必要があります。

④外壁タイルリフレッシュ

タイルだけでなく目地の色合わせも慎重に行い、全体のバランスが損なわれないよう行います。

⑤外壁塗装


外壁の塗装は、建物全体を表現する美観ということに加え、防水機能を含んだコンクリート躯体部の保護という大切な目的があります。

【コンピューターによるカラーシミュレーション】

事前にコンピューターによるカラーシミュレーションを行い仕上がりを検討することも可能です。

⑥セキュリティ機能増設

犯罪が多様化する中、入居者とその財産を守るための施策が必要な時代になりました。防犯カメラや集合エントランスへのオートロック設備設置、ピッキングされにくい玄関錠など、入居者のニーズは高まっています。夜間照明計画などとあわせて検討されてはいかがでしょうか。

⑦エントランス改修

エントランス改修においては、劣化や汚れを修復するだけでなく、機能やデザイン性をあげていくことも建物の資産価値をあげる重要なポイントとなります。

⑧手摺交換

築年数の古いマンションでは、安全性の確保と美観の向上のためにも手摺の交換が必要になります。

⑨エレベーター増設

20年前の5 階建以下のマンションにはエレベーターがほとんど設置されていませんでした。しかし今ではエレベーターのない4、5階建マンションは敬遠され空室の原因にもなりかねません。

駐車スペースの一部を利用して
エレベーターを増設。
(建設基準法の斜線制限により、
4階までの設置となっています。)

⑩外構計画

建物のテイストや規模を考慮し、敷地条件や景観に合わせた外構計画を実現します。

⑪各種設備

●太陽光発電装置搭載

●電気容量の増設
●光ファイバー、CATVの導入
●給湯器交換 等

●給水方式の変更

⑫給水管の更正・更新

給水管は長年使用しているうちに自然腐食や金属疲労が起こり、異臭や赤水が発生することがあります。これらは現状の技術では避けることができませんので、入居者に衛生的な水を供給して健康的で快適な住み心地を保つためにも、15年を目安に給水設備のリフレッシュが必要です。

⑬内装間取り変更

間取りが現在のライフスタイルに合わなくなっている場合、建替える前に間取り変更による資産の再活用をご検討ください。

⑭内装リフォーム

ライフスタイルの変化や時代のニーズに沿った住空間を創造。居住性を高め、建物の付加価値を向上させます。

  • ●壁・床・建具

    室内扉、下足入れ、照明器具、壁クロス、床仕上を交換。扉の取手は握り玉からレバーハンドルへ。

  • ●キッチン

    キッチンセットをシステムキッチンに、タイル張の壁を不燃ボードに交換し、お手入れのしやすいキッチンに。作り付けの棚を設けてスペースを有効利用。

  • ●トイレ

    隅付タンクからタンクレストイレへ。

⑮耐震補強工事

建物の使い方に合わせて最善の補強方法を検討します。

<耐震改修工事施工例>

  • ①耐震壁増設

    自転車置き場として利用しているピロティに耐震壁を設置。

  • ②内部ブレース増設

    バイク置き場の出入り口の為、鉄骨ブレースで耐震補強。

  • ③外部ブレース増設

    2008年に耐震補強工事実施の結果、震度6弱の大地震での損傷を免れました。(仙台市青葉区)

  • ④柱補強・梁補強

    柱や梁に鋼板と繊維シートを巻きつけ補強。

  • ⑤クロスウォール増設

    大成建設が開発した格子型ブロック耐震壁を施工し補強しています。
    このブロックは、プレキャスト部材である上、小型なので施工性が良く、短工期で仕上げることが可能です。

⑯リノベーション・コンバージョン

既存建物の構造体である柱や梁などを残して解体し、新築並みの性能を獲得するような全面改修をリノベーションといいます。また、オフィスを住宅に変えるなど用途の変更を伴う改修をコンバージョンといいます。市場ニーズや周辺環境にあわせて建物の内外装を一新し性能アップ。大切な資産に新たな価値をもたらします。

  • ●新築と比較してコストは半分

    建設コストの概略は、基礎・躯体1/3、仕上1/3、設備1/3 といわれています。解体・廃棄処理コストが大幅に削減できるので、新築と比較してコストは半分で済みます。

  • ●用途変更ができる

    時代の変遷とともに当初の使用目的が失われてしまった建物でも、利用価値を再構築できます。

  • ●新耐震設計基準に合わせる

    耐震診断の結果補強が必要と認められた建物は、リノベーション時に建物の軽量化を図る等して新耐震設計基準までレベルを向上することが可能です。

  • ●環境にも優しい

    産業廃棄物を最小限に抑え、新たな建築資材の使用量も少なくて済む建築手法です。

ページトップへ

建物診断

建物診断

プロの目と技術で建物全体の劣化状況をチェック。正確な診断、原因追及、的確な改修プランをご提案します。

指で拡大してご覧ください

躯体診断

「壁や床などにひび割れやタイルの剥離が目立ってきた」このような現象にコンクリートの強度やタイルの歪みなどの調査を行って原因を調べます。
圧縮強度試験・中性化試験・外壁タイル打診調査・シーリング材抜取り検査など

●コンクリート中性化深度測定

フェノールフタレインにより赤褐色に変色した部分は中性化していない部分で、中性化した部分は無色のままになります。

●コンクリート強度測定

硬度から強度を測定します。
構造物に損傷を与えることなく測定できます。

●配筋調査

電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射し、画像表示された鉄筋や空洞などの位置や深さをみて判断します。

設備診断

水の出が悪かったり、濁ったり赤くなったりするのは、水廻りのトラブルです。日頃見えない部分の配管や機器の劣化を調査します。
配管内視鏡検査・電気容量調査・受水槽調査など

●内視鏡検査

ファイバースコープを挿入し、内部状況を観察します。給水管の場合には断水が必要です。ダクトや床下等の調査にも利用します。

●エックス線装置計測調査

工業用X線装置を用いて配管を撮影し、腐食状況を検査します。

●配管採取調査

既存パイプを一部切断して腐食状態を観察。鋼管の肉厚等から寿命を推測します。手間がかかりますが、最も精度の高い方法です。

●超音波肉厚検査

配管外側から残存肉厚を測定し寿命を推測します。断水の必要はありませんがねじ部分の調査ができません。

耐震診断

大地震の度に建築基準法が見直され、より地震に強い設計基準になってきました。大地震が来た時に、建物がどのくらい耐えられるのか?を診断します。大地震による被害を抑え、大切な資産と居住者を守るために、豊富な経験とノウハウに基づいた耐震診断・改修工事を実施します。
予備診断 → 建物調査 → 耐震診断 → 耐震補強基本計画 → 耐震補強実施計画 → 工事

1981年6月1日に導入された「新耐震基準」は、震度5強程度の地震でほとんど損傷せず、震度6強~7に達する大規模地震では倒壊や崩壊をしないことを目安としています。1981年6月1日以前に建築確認を受けた建物は、耐震性が不十分な可能性があり、震度7 を観測した阪神淡路大震災での建物被害も、1981年以前のものに集中しています。ご所有のマンションが旧耐震基準で建てられたものなら、耐震性を確認・強化し、もしもの際に備えておくべきでしょう。
大成ユーレックでは、耐震診断・改修工事のご相談も承っておりますので、お気軽にお声掛け下さい。

長期修繕計画

「修繕計画をどう立てればいいのか分からない」そんなお客様の悩みをサポート。部位によって耐用年数や劣化の具合が異なるため、長期的に見た修繕計画が重要です。建物診断を実施し、修繕計画をご提案します。賃貸マンションオーナー様には、入居率アップや資金計画など賃貸経営の視点に立ったアドバイスを行います。

指で拡大してご覧ください

法人のお客様へ

法人のお客様へ

企業様所有の事業所や店舗、倉庫などのビル、社宅・独身寮などの住居系厚生施設などでお困り事はありませんか。大成ユーレックは、施設の増築や改修工事、さらには用途や機能を変更・更新して性能を向上させるリノベーション・コンバージョンのお手伝いをさせていただいております。リニューアルによる機能や美観の回復を行います。

社宅リノベーションのご提案

  • ・古い社宅に空き室が目立ってきた
  • ・社宅は社員とその家族の思い出が詰まった特別な場所。なんとかして再生して利用したい。
  • ・社宅が古くなってきたものの、建て替え資金はどのくらい必要なのだろうか。
  • ・地区計画が変更になっており、同規模の社宅を新築することができない。

など、古い社宅の管理や活用にお困りの法人様のお手伝いをいたします。
大成ユーレックでは、耐震診断や建物診断を行い、建て替え、リノベーション、一般改修工事の可能性をご提示します。
昭和40年代に建築された社宅でも、低層の壁式構造なら新耐震基準をクリアしているケースも多く、躯体に問題がなく存続利用する価値が残っています。そのような場合には、ライフスタイルの変化や、時代のニーズに沿った住空間にグレードアップした既存社宅の有効活用をご提案します。また、社宅としての再生利用だけでなく、賃貸マンションや独身寮への転用についてもご相談ください。

<リノベーションイメージ>

Before

ダイニングキッチンを中心に和室を配した昭和の間取り。設備機器も古くなっている社宅のリノベーション提案。

After

リノベーション提案①

リノベーション提案1

現代のライフスタイルに合わせた2LDK。入居者ニーズに応えるプランとすることで、賃貸マンションへの転用も可能になります。

リノベーション提案②

リノベーション提案2

南面に3つの個室を設けた3DKタイプ。社宅としての利用の他、シェアルームタイプの独身寮(定員3名)としての利用も可能です。

<設備仕様も一新。大切な建物に新たな価値を>

【トイレ】
トイレ

【洗面所】
洗面所

【浴室】
浴室

【玄関】
玄関

社宅リノベーション例①

【外壁】

改修前/改修後

壁の補修及び塗装、手摺の交換でリフレッシュしました。さらに、給水は水道管直結ブースター方式としたため高架水槽を撤去。屋根断熱を内断熱から外断熱に変更し、防水施工を行いすっきりとしました。BSアンテナも設置し、機能性も向上しています。また、バルコニーのない北側の居室にもエアコンを設置できるよう、室外機置場を設けています。

【ダイニングキッチン】

改修前/改修後

室内は、和室から洋室へ。3DKプランを2LDKプランへ改修しました。キッチンセットやアルミサッシも交換し、床はフローリング仕上としています。

【浴室】【玄関ドア】

改修前/改修後

バランス釜の在来浴槽はユニットバスに交換し、玄関ドアを交換しました。そのほか、電気回路を増設、容量アップし、外構整備等を行っています。

社宅リノベーション例② 社宅→賃貸マンション

内装間取り変更

4階・改修前:3K×6戸

改修前

4階・改修後:2LDK×4戸

旧間取りの3戸分を2つに分ける形にして、人気の10帖以上のリビングを取り入れました。

改修後

築40年余の社宅を賃貸マンションに用途変更しました。
もともとは、各フロア共3Kでしたが、1~3階を1LDKに、4階は2LDKとし、旧間取りの3戸分を2つに分けた形としています。市場ニーズをプランに反映した結果、入居者確保もスムーズに行われました。

用途地域変更などで建て替えが困難なケースなどでも、ご所有不動産の活用についてぜひお問い合わせ下さい。

事務所ビルの改修提案

事務所ビル改修例①

改修前/改修後

7階建事務所の改修工事
屋上防水や鉄部・外壁塗装、外壁パネル清掃等により美観と機能性を回復しました。内装もリニューアルしています。

事務所ビル改修例②

改修前/改修後

法人様所有の事務所を住宅にコンバージョン(用途変更)しました。
まずは躯体のみを残しスケルトン状態に。その後住宅に必要な設備、仕様を加えていきます。現在は、単身者用16戸とファミリー用4戸の住宅として利用されています。

分譲マンション管理組合様へ

分譲マンション管理組合様へ

いつまでも美しい姿を、性能を維持し安心して暮らせる住まいを、常に新しく心地よい空間を。資産価値を維持するためにも大規模修繕計画をたてて定期的にメンテナンスすることが大切です。大成ユーレックは、管理組合様の取組みに万全の技術力でサポートします。

たとえば・・・

  • ・修繕計画をたてたいがどうしたら良いかわからない
  • ・コンクリートにひび割れや汚れがあるが、内部は大丈夫だろうか
  • ・外観の汚れ、色落ちがめだつ
  • ・改修費用が足りないので困っている
  • ・水漏れや水の出が悪い
  • ・防犯対策を強化したい
  • ・耐震診断・耐震改修をしたい
  • ・信頼できる施工会社が見つからない

これらのお悩みや症状に大成ユーレックがお応えします。

工事は皆様の生活を第一に考え、安全確保に最大の注意を払います。
また居住者の皆様との連携を密にし、万全な管理体制を整え、品質の確保と迅速な工事を行います。

分譲マンション改修例

リニューアル前/リニューアル後

12階建て41戸の分譲マンションの大規模修繕工事例です。
外壁をベージュ色とし、建物トップに連続模様をデザインしました。 耐震補強工事や共用エントランスにオートロック設備を設置するなど、安全性と機能性を確保したリニューアル例です。 工期は5ヶ月でした。

分譲マンション改修例

13階建218戸の分譲マンションの大規模改修事例です。
ピロティやエレベーター棟への耐震補強工事、エントランスホールのグレードアップ、玄関ドア交換などを実施しています。工期は7ヶ月でした。

大規模団地改修例

リニューアル前/リニューアル後

大規模団地(24棟684戸)の改修例です。
2回の大規模修繕と複数回にわたる部分改修を経た築40年の建物です。3回目の大規模修繕工事を前に建物診断を行いました。

超高層マンション改修例

リニューアル前/リニューアル後

30階建170戸の超高層マンションの修繕工事例です。超高層マンションではゴンドラによる工事を行います。

居住者の皆様への配慮

大規模修繕工事は工事期間が長期にわたります。工事中は、安全対策、防犯対策、環境対策、居住者の皆様とのコミュニケーションをしっかりととり、居住者の皆様の生活になるべく支障が及ばぬよう作業にあたります。

安全対策(落下物防止用庇)

出入り口上部には落下物を防止する庇を設けます。

安全対策(掲示物)・防犯対策(腕章)

安全対策のため、通路などに注意喚起する掲示を行います。また、防犯対策のため、工事関係者は社名の入った腕章やベストを着用します。

お子様向け説明会

工事が始まる前に居住者の方向けに工事説明会を行います。また、お子様向け説明会を実施し、わかりやすく注意事項をお伝えします。

環境対策(ゴミの分別と清掃)

ゴミは分別収集し、毎日清掃を行い整理整頓を徹底します。

環境対策(高透過性養生シート)

視界の遮りによるストレス軽減のため透過性の良い飛散防止養生シート
を用意しています。

居住者様とのコミュニケーション(掲示板)

エントランスホール等の共用部分に、工事工程表や洗濯物干情報などをお知らせする掲示板を設置致します。また、質問BOXにて工事に関する質問やご要望を受付し、回答を掲示します。

居住者様とのコミュニケーション(工事用WEB掲示板)

ご自宅や外出先からも工事予定をご確認いただけるよう、パソコンやスマートフォンで閲覧できる「工事用WEB掲示板」サービスを行っています。
工事開始時に居住者様専用のサイトを開設し、ID・パスワードをお知らせします。マンション内の掲示板と同様の内容をご覧いただけます

賃貸マンションオーナー様へ

賃貸マンションオーナー様へ

快適に暮らせる、より感度の高いマンションへ

構造体がしっかりとした高品質のマンションでも、外壁の汚れや手すり等のサビが目立つとイメージダウンとなり、資産価値は下がってしまいます。また、外壁や屋上のひび割れは、放置しておくと建物にとって致命的な問題になります。
大成ユーレックでは、外壁のリフレッシュをはじめ屋上の防水工事、外構のイメージアップなど豊富なメニューでマンションの持つ本来の価値とイメージを取り戻します。

リニューアルをすることで…

余計な出費が抑えられます

放っておくと改修箇所はどんどん悪化。改修費用も高くなります。

建物の長寿命化

計画的に建物を診断・修繕することで寿命を延ばすことができます。

資産価値の維持

入居者の評判も上がり、入居率のアップにつながります。

安全性を高めます

災害に強くなり、安心して暮らせるようになります。

外観

改修前/改修後

外観リニューアルに際し、明るい色に外壁を塗りかえました。アクセントカラーを入れることで個性的な印象に。シャッター雨戸を設置するなど防犯対策も行っています。

エントランス

改修前/改修後

銘板交換。全面タイル張りから一部アクセントカラーの塗装仕上げに変更し、明るいイメージに。メールボックスを交換し、側面に移動。

エントランス

改修前/改修後

塗装仕上げからタイル張仕上に変更しイメージチェンジ。

エントランス

改修前/改修後

オートロックオートドアを採用し、セキュリティを高めました。また、新たにRC壁を設けて耐震補強を行っています。

コンクリート部材の供給

数々のビッグプロジェクトに高性能のPC製品を供給。
快適な街づくりに貢献しています。

大成ユーレックが製造し供給しているPC(プレキャストコンクリート)製品は、最先端のクオリティが求められる数々のビッグプロジェクトに活用されています。街のランドマークとなる超高層ビルなどでは、耐火・断熱・遮音性に加えデザイン性にも優れた外壁材「カーテンウォール」が、地下鉄や東京湾アクアラインなどの大規模土木工事では、掘り進んだトンネルにはめ込む高強度コンクリートパネル「セグメント」が活躍。この他にも、高速道路の防音壁や河川用護岸部材など、活躍のステージは多種多様です。 いずれのPC製品も、ISO9001取得(PC部材製造に関して)の自社工場で製造し、全ての行程において厳しい品質管理を徹底。常に均一で安定した品質を誇るPC製品の製造・供給を通じて、未来へと続く快適な街づくりに貢献しています。

大成ユーレックのPC部材は、全国で皆さまの生活を支えています。

【主な土木部材納入実績(全国)】

【主な建築部材納入実績(首都圏)】

【千葉工場】

セグメント専用ラインを擁するマルチな対応が可能な多目的工場

千葉工場は1967年に首都圏の主力工場として誕生しました。現在は地下鉄や共同溝などに使われるセグメントの製造を中心に、中・高層フリープラン集合住宅用のPC板の製造機能も備えた多目的工場としてPC製品生産の一翼を担っています。
セグメントは集合住宅用PC板よりもさらに高いコンクリート強度が要求され、形状も特殊です。そのため当工場では、セグメント専用の製造ラインを設置。当社独自のフローラインシステムを採用した専用ラインにより、高品質化と作業の効率化が実現。また、コンクリート強度を高め、ひびわれ防止のための水中養生をおこなう養生水槽も備え、高品質・量産体制を確立しました。
千葉工場の詳細はこちら

<土木部材>

  • 平板形RCセグメント

  • 中子形RCセグメント

  • 内面平滑RCセグメント

  • DOT(二連)セグメント

  • 合成セグメント

  • 高機能
    コンクリートセグメント

  • 分割組立土留壁(駐輪場)

  • 道路床版

  • ライナー

  • 高欄

  • 護岸パネル

【川越工場】

中高層集合住宅に対応、PC板を中心とする建築部材の製造拠点

川越工場は1970年に設立されました。時代の要請に応え、中高層集合住宅のPC板製造を中心に、柱、梁、バルコニーなど多様な建築部材を提供してまいりました。また、個別の設計要求にきめ細かく、柔軟に対応でき、高強度コンクリートにも対応できるようにラインナップを備え、製造から出荷まで、高品質な製品を生産できる体制を確立しています。
川越工場の詳細はこちら

<住宅部材>

  • 壁(タイル打ち込み)
  • バルコニー
  • マリオン
  • 手摺
  • 階段
  • 壁(レリーフ模様)
  • ハーフ床板
  • パラペット
  • 耐震補強格子ブロック

会社の方針

環境方針

大成ユーレックは、グループ理念に掲げる「人がいきいきとする環境を創造する」に基づき、人と自然の調和の中で環境保全の重要性を認識し、全ての企業活動を通じて環境負荷の低減に努め、社会的責務を果たす。

行動指針

  • 1.環境関連法規制の順守
    環境に関する法律・規則・協定等を順守し、環境事故を防止するとともに、環境マネジメントシステム(EMS)を有効に活用し、環境管理活動の継続的な改善を図る。
  • 2.資源循環・有効利用、ゼロエミッションの強化
    すべての部門において省エネルギー・省資源・廃棄物の発生抑制・再資源化の推進に努める。
  • 3.地域環境の保全
    地域社会とのコミュニケーションを図り、地域環境の保全に貢献する。
  • 4.環境教育の推進
    (1)従業員への環境教育、広報活動を行い、本方針の周知徹底を図り、環境保全の意識の向上に努める。
    (2)関係する専門工事業者に、環境保全の重要性を認識させ、環境保全活動の底辺を広げる。

品質方針

品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善し、顧客の信頼と満足を得る製品を提供する。(建設本部、PC事業部)

行動指針

  • 1.我々は、関連する法律・規制等を遵守する。
  • 2.我々は、品質方針に基づき、全員で行動する。
  • 3.我々は、顧客重視の基本に則り品質目標を定める。
  • 4.我々は、品質マネジメントシステムを効果的であり続けさせる為に改善していく。
  • 5.我々は、常に顧客に満足を与える製品を提供し続ける。
  • 6.我々は、工程で発生する不適合低減の努力を行う。

個人情報の保護に関する方針

当社は、個人情報を適切に管理し、保護することが社会的責任であることを認識しています。個人情報の取扱いに関する当社の基本方針を、「個人情報の保護に関する方針」として定め、個人情報の保護の徹底を図ります。

法令・規範の遵守

個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。

情報管理に係る安全対策の実施

個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、改ざん、不正使用等を防止するため、必要な情報管理に係る安全対策を講じます。

当事者本人の権利尊重

当社が管理する個人情報の当事者本人から、自己情報の開示、訂正、削除、利用または第三者への提供の停止等を求められたときは、法令や社会通念等に照らし、誠意をもってこれに対応します。

問合せ窓口の設置

個人情報の取扱いに関する問合わせや苦情に対処するため、問合せ窓口を設置します。

管理体制の構築と継続的改善

規程、マニュアル等の策定など、この方針の実施に必要な社内の管理体制を構築すると共に継続して改善を行っていきます。

ソーシャルメディアの利用に関する行動基準

大成建設グループは、大成建設グループの役職員等が、ソーシャルメディア※に情報発信するにあたって遵守すべき基本ルールを「ソーシャルメディアの利用に関する行動基準」として、以下のとおり定めます。

ソーシャルメディアにおける情報発信についての自覚と責任
ソーシャルメディアに発信された情報は不特定多数の利用者がアクセス可能であること、いったん発信した情報は完全に削除できないこと、および個人の情報発信が大成建設グループの社会的評価に影響を与える可能性のあることを十分に理解し、自覚と責任ある行動をとります。

ソーシャルメディア利用にあたっての心構え
法令等(法令、条例、行政指導、慣習等の社会的ルール、およびグループ行動指針ほか会社諸規程等の社内ルールをいいます。)を遵守するとともに、社会的良識をもって誠実かつ公正なコミュニケーションをはかります。
また、ソーシャルメディアを利用するにあたっては、以下の事項を遵守します。

  • (1)お客様およびお取引先様情報を許可なく公開しないこと。
  • (2)大成建設グループの機密情報を公開しないこと。
  • (3)個人情報、プライバシーに配慮すること。
  • (4)誹謗中傷による第三者の名誉、その他権利侵害行為を行わないこと。
  • (5)情報発信や対応に責任をもち、誤解を与えないように注意すること。
  • (6)相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れず、常に冷静な対応を心がけること。

※ソーシャルメディア
ソーシャルメディアとは、ソーシャルネットワーキングサービス、ブログ、電子掲示板、動画共有サイトなどに代表される個人がインターネットを利用して情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりするサービスを指します。

当社グループの公式発表・見解との関係について

大成建設グループ各社の公式の発表につきましては、公式Webサイトおよびプレスリリースなどで情報発信しております。大成建設グループの役職員等が、ソーシャルメディアで個人として発信する情報は、大成建設グループの公式発表や見解を表しているものではありません。

「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画(2015年4月1日~2018年3月31日)

当社は「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境を整備するための行動計画(一般事業主行動計画)を策定しております。

雇用環境の整備に関する事項

  • 1.子育てを行う従業員等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備
    ●子どもの看護のための休暇制度の拡充
    ●育児のための短時間勤務制度の拡充
  • 2.働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
    ●年次有給休暇の取得促進

次世代育成支援対策に関する事項

●学生に対する就業体験機会を提供し職業訓練を推進

当社は上記行動計画の実施に向け取り組んでいきます。

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく一般事業主行動計画について
(2016年4月1日~2021年3月31日)

当社は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づき、女性の活躍推進の取組を着実に前進させるための行動計画(一般事業主行動計画)を策定しております。

≪一般事業主行動計画≫
採用に関する事項:採用選考基準や、その運用の見直し

2021年度までに当社従業員の女性比率を現状の8.2%から10.0%へ引き上げるべく、採用計画の見直しを行う。

≪情報公表≫
「勤続年数の男女差」について

外勤正社員:0.7年(男性17.2年−女性16.5年)
内勤正社員:1.4年(男性20.9年−女性19.5年)

事業所所在地

本社

拠点名 電話番号 郵便番号 住所
本社 03-3493-4941 141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル 内

支店・営業所

拠点名 電話番号 郵便番号 住所
首都圏第1支店 03-3493-4791 141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル7階
茨城営業所 0297-20-7167 300-2358 茨城県つくばみらい市陽光台1-7-4
PRINCESS KOWA202号室
北関東営業所 048-855-2111 338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東1-13-10 岩崎ビル 2階
東関東営業所 047-434-7501 273-0032 千葉県船橋市葛飾町2-383-1 バリアントG 105号
首都圏第2支店 03-3493-4962 141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル9階
横浜営業所 045-250-6170 231-0033 神奈川県横浜市中区長者町6-96-2
大成建設(株)横浜支店ビル4階
近畿東海支店 06-6271-3651 542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1-14-10
大成建設(株)関西支店ビル3階
近畿営業部 06-6271-3653 542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1-14-10
大成建設(株)関西支店ビル3階
京都営業所 075-708-2878 600-8009 京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町79
ヤサカ四条烏丸ビル4階
大成建設(株)京都支店内
東海営業部 052-219-9911 460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-16-15
名古屋フコク生命ビル 6階

工場

拠点名 電話番号 郵便番号 住所
千葉工場 043-423-1151 263-0004 千葉県千葉市稲毛区六方町60
川越工場 049-262-0404 350-1156 埼玉県川越市中福849

決算公告・電子公告

沿革

昭和38年8月 大成プレハブ株式会社設立
大成建設の住宅建設部門を分離独立、PC工法コンクリート集合住宅の
工業化・システム化を指向して発足(PC工法専業の民間会社設立第1号)
昭和41年10月 民間初の大規模郊外型分譲マンション「鵜野森団地」販売開始(神奈川県相模原市)
昭和42年6月 千葉工場新設(千葉市)
昭和45年10月 川越工場新設(埼玉県川越市)
昭和46年12月 東京証券取引所市場第2部に株式上場
昭和50年11月 通産省(現・経済産業省)品質管理優良工場認定
平成3年9月 東京証券取引所市場第1部に株式上場
平成8年4月 鉄骨系賃貸アパート「プラージュ」の販売開始
平成11年3月 都市型集合住宅「Proche」(プロシェ)販売開始
平成13年6月 賃貸マンション経営50年サポートシステム「U-LET(ユーレット)」サービス開始
8月 大成ユーレック株式会社に社名変更
賃貸マンション「PALMAISON」(パルメゾン)「PALGRAND」(パルグラン)販売開始
平成14年3月 賃貸マンション「PALFLEX」(パルフレックス)販売開始
平成16年3月 株式交換による大成建設株式会社の完全子会社化
平成17年6月 都市型賃貸マンション「PALCITY MISCENA」(パルシティ ミシェーナ)販売開始
平成18年2月 PC賃貸マンション「PALLOGUE」(パルローグ)販売開始
平成21年6月 高層PCマンション「nePre」(ネプレ)販売開始
平成23年3月 PC賃貸マンション「PALLOGUE X」(パルローグ カイ)販売開始
平成25年1月 都市型PC賃貸マンション「PalLeaf」(パルリーフ)販売開始
7月 高齢化社会に応える施設・住宅「PALLOGUE SENIOR」(パルローグ シニア)販売開始
8月 ひとつ上の安心・安全を追求した免震仕様「パルローグχ プレミアム」販売開始
平成26年8月 学生寮向け商品「PALLOGUE STUDIO(パルローグ ステューディオ)」販売開始
平成27年1月 ひとり暮らし女性向け賃貸コンセプトプラン「ECLAT(エクラ)」、
子育てファミリー向け賃貸コンセプトプラン「DOUCE(ドゥース)」販売開始

上の動画が見られない方はこちら

事業内容

昭和38年(1963年)8月大成建設の住宅部門から分離独立し、PC工法(壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造)のパイオニアとして数多くの集合住宅を 建設してきました。
2001年8月、大成プレハブ株式会社から大成ユーレック株式会社へ社名変更し、同時に賃貸マンション経営50年サポートシステム 「U-LET」を開始。土地活用のご相談から管理・メンテナンス・リニューアルまで、オーナー様との長いお付き合いを大切にし、マンション経営のロング パートナーを目指しています。日本を代表する建築物を数多く手がけてきた大成建設のグループ企業として、大成ユーレックはその高い技術力とサポート力を誇ります。

大成ユーレックは、核となる「集合住宅の企画・設計・施工」「リニューアル工事の企画・設計・施工」「コンクリート部材の供給」の3つの事業を通じて、いつまでも快適が続く魅力あふれる街づくりに貢献します。

壁のチカラ

プレキャスト鉄筋コンクリート(PC)造マンション建設のパイオニアとしての確かな技術。

数々の都市建設を手掛けてきた実績と信頼。

時代のニーズに応える柔軟なサーポート力と提案力。

大成ユーレックは、人と街のけっしてゆるぐことない安心と快適を、3つの事業を通じてご提案しています。

集合住宅の企画・設計・施工

プレキャスト鉄筋コンクリート(PC)造及びRC造による中高層集合住宅の企画・設計・施工・アフターメンテナンスを行います。住む人を魅了する建物とマンション経営のロングパートナーに大成ユーレックがお応えいたします。

さらに詳しく

リニューアル工事の企画・設計・施工

住宅・事務所・店舗等、建物の再生をお手伝いします。一般的な改修・修繕工事から、設備関係の更新や間取りの変更など時代のニーズを採り入れた提案まで、何でもお任せ下さい。耐震補強工事や、事務所を賃貸マンションへ用途変更するといったコンバージョンの提案も、設計部や品質管理部をはじめ専門部署が対応致します。

さらに詳しく

コンクリート部材の供給

マンション建設を支える住宅用部材から、最先端のクオリティが求められる土木用部材まで。大成ユーレックは幅広いニーズに対応するPC製品を製造・供給しています。

柱や梁、バルコニーや手摺、階段などの住宅用部材をISO9001取得の自社工場で製造し、工期短縮など現場管理のお手伝いを致します。

さらに詳しく

会社概要

社名 大成ユーレック株式会社
設立年月日 昭和38年(1963年)8月1日
資本金 45億円
売上高 363億68百万円(平成29年3月期)
役員
代表取締役社長 小林 敬明
取締役専務執行役員 松三    均  建設本部長 兼 PC事業部担当 兼 安全・環境担当
取締役常務執行役員 山崎 洋一  管理本部長
取締役 矢口 則彦
常勤監査役 中野 正人
監査役 日高 恭介
常務執行役員 風間 一人  建設本部首都圏第2支店長
常務執行役員 神楽 一弘  建設本部首都圏第1支店長
執行役員 大岩根 久  建設本部近畿東海支店長
従業員数 445名(平成29年3月31日現在)
一級建築士 97名
一級建築施工管理技士 162名
一級土木施工管理技士 20名
営業種目
  • 1. 集合住宅の企画・設計・施工
    賃貸住宅・分譲住宅・社宅・独身寮などの新築工事
  • 2. リニューアル工事の企画・設計・施工
    豊富なマンション建設のノウハウを生かしたリニューアル提案及び施工
  • 3. コンクリート部材の供給
    セグメントなどプレキャストコンクリートによる建築・都市構成部材の供給
  • 4. コンサルティング
    不動産事業企画・賃貸マンション経営のコンサルティングや各種サービス、
    都市開発エンジニアリングなど住まいを取りまくソフト・サービスの提供
建設業許可 国土交通大臣許可(特−24)第2522号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第10071号
大阪府知事登録(ル)第3805号
宅地建物取引業者 国土交通大臣(13)第928号
ISO認証取得 ISO9001認証取得(建設本部、PC事業部)
ISO14001認証取得(全社)

社名の由来

当社は、2001年8月1日に「大成プレハブ株式会社」から「大成ユーレック株式会社」へと社名を変更しました。「Urban Life Engineering & Construction」の頭文字を取った「U-LEC」の社名には、「ソフトエンジニアリングと建設技術を相乗的に駆使し、土地の有効活用・事業化を土地オーナー様とともに推進して、都市生活に貢献する」という私たちの決意が込められています。

理念体系

For a Lively World|人がいきいきとする環境を創造する

グループ理念

わたしたちは、自然との調和の中で、安全・安心で魅力ある空間と豊かな価値を生み出し、次世代のための夢と希望に溢れた地球社会づくりに取り組んでいきます。

大成スピリット

◯自由闊達

多様性を尊重し、組織内外の活発なコミュニケーションやネットワーク形成を通じて、役職員全員の能力が活かせる風通しが良く活力ある企業風土を醸成します。

◯価値創造

広く社会を知った上で、お客様の立場に立ち、技術・ノウハウを結集するとともに、更なる技術革新と創意工夫にチャレンジし続け、お客様に感動していただけるような価値の創出を追求します。

◯伝統進化

ものづくりの伝統を継承しつつ、先進的な課題に挑戦することにより付加価値を生み出しながら、健全な企業グループとして永続的に進化・発展します。
わたしたちは、明るく、熱意と誠意、そして企業人としての規律を持ったプロフェッショナルの集団として、企業活動に取り組みます。

グループ行動指針

組織としての行動の基本原則、およびグループの役職員等が積極的に実践すべき又は厳守すべき行動・判断の基準として、グループ行動指針を定めています。

会社の方針

環境方針、品質方針、個人情報の保護に関する方針、ソーシャルメディアの利用に関する行動基準、「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画に関する会社の方針をご覧いただけます。

ごあいさつ

弊社は1963年に「大成プレハブ」として創立し、2001年8月には更なる発展を期して現在の「大成ユーレック」へと社名を変更いたしました。

創立当時は高度経済成長前半期にあり、プレキャストコンクリートによる集合住宅建設のパイオニアとして、優良な公共住宅の大量供給という社会的要請に応えてまいりました。
その後も民間分譲マンションや賃貸マンション建設を軸に、半世紀にわたり集合住宅の歴史とともに歩んでまいりました。この間、幾多の困難や試練を経ながら、弊社が創業以来今日まで発展を遂げることができましたのも、お客様お取引先をはじめとする皆様の温かいご支援やご協力の賜物であると、ここに改めて深甚なる感謝の意を表する次第でございます。

今後も大成建設グループの一員として、「人がいきいきとする環境を創造する」というグループ理念のもと、安心安全で快適な居住空間の創造に向けて前進し、社会に貢献し続ける企業を目指してまいります。
皆様方におかれましてはこれまで以上のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。

大成ユーレック株式会社
代表取締役社長

小林敬明

土地活用無料シミュレーション

  • この土地ではどんな賃貸マンションがいいのか知りたい
  • 所有する土地にはどのくらいの規模が入るのか知りたい
  • 希望する規模の建設費を知りたい
  • 限られた自己資金で賃貸経営が始められるのか知りたい
  • トータル収支を知りたい

土地活用無料シミュレーション

このような時に大成ユーレックの「土地活用無料シミュレーション」をご利用下さい。
お客様のご要望を基に配置計画図を作成し、仕様の提案を行います。概算にて工事費を算出し事業収支計画書を作成するサービスです。
事業収支計画書作成にあたっては、下記のような簡易調査を行います。

土地診断 計画地のポテンシャルを診断します。広さ、方位、用途地域、法規制、駅からの距離、利便性、街並み、近隣賃貸物件等を調査し、賃貸マンション向きかどうか、また入居者ターゲットを判断します。
現地調査 施工上の観点から現地調査を行います。
役所調査 公図の入手、ガスや水道などインフラ整備状況・近隣の地盤データ・法規制の調査などを行います。
賃料調査 そのエリアで実績の多い管理会社数社からヒアリングを行い、想定賃料を算出します。
融資調査 条件に合う金融機関や融資プラン、補助金制度をご紹介します。

■土地活用無料シミュレーションフロー

土地活用無料シミュレーションフロー

指で拡大してご覧ください

お電話または各フォームからお問合せください。

フリーコール:0120-41-2082 受付時間:9:00~17:30 平日(月曜~金曜)※祝日を除く

フォームからお問合せ
シミュレーションお申込み

修繕計画

特に注意が必要なのは目に見えにくいが機能を損なう恐れがある2番目の大規模修繕工事です。建物の劣化も人間の病気と同じ。症状が重くなってからでは対処が大変で、手術(リニューアル工事)にも多大な費用がかかってしまいます。大切な建物も放っておけば劣化が進み、気がつけば空室が増えていたということにもなりかねません。そうなる前に定期的な点検を行うとともに、事前に修繕計画を立て賃料収入から積み立てておけば、いざという時に慌てることもなく、また資産の価値を維持することもできます。日常的な修繕とグレードアップ修繕も想定しながら、長期修繕計画をたてておきましょう。

長期修繕計画の目安

部位によって耐用年数や劣化の具合が異なります。
どのような修繕がいつ頃必要になるのかを表に示します。

修繕時期の目安

※使用条件、環境、構造、規模などによりメンテナンス時期は異なります。

入居者管理と建物管理

特徴_メリットとデメリット

指で拡大してご覧ください

※入居者管理業務とは・・・入居者募集、賃貸借契約、家賃徴収、入居者からのクレーム受付と対応、入退去時の立ち合いや清算業務など
※建物管理業務とは・・・日常清掃、設備保守点検(消防設備・給水ポンプ・エレベーターなど)、植栽の手入れなど

賃貸マンション経営のポイント(収支計画)

事業性の目安として利回りを算出します。利回りとは、投資金額に対して何パーセントの収益が出るかを示したものです。この利回りが高いほど事業性が良いと言えます。

指で拡大してご覧ください

総事業費とは工事費のほか諸費用を含めた金額で下記のような費用が該当します。

  • 建築本体工事費
  • インフラ整備費(電気・ガス・水道)
  • 付帯設備費(設備機器・エアコンなど)
  • 外構工事費
  • 測量費・地質調査費
  • 造成費
  • 解体費
  • 設計企画費
  • 建築確認申請費など
  •   (税金)
  • 不動産取得税
  • 登録免許税
  • 印紙税
  • 消費税
  • ローン関連費(事務手数料、保証料など)
  • 火災保険料
  • 近隣対策費(日照、電波障害などの保障費用)
  • 立退き料(建替えで入居者がいる場合)
  • 移転費用(建替えに伴う引越しや仮住まいが必要な場合)

収支計画と合わせて、損益計算による不動産所得額を計算しておくことも大切です。損益計算は、課税対象となる不動産所得がいくらになるかをみるもので、税務上認められる収入から必要経費を差し引いたものです。
なお、オーナー様が各項目の金額を算出することは難しいため、大成ユーレックではノウハウを活かした独自のプログラムによる収支計画書を作成し、健全経営をサポートしています。

指で拡大してご覧ください

資金計画

自己資金が多いほど収益性が良くリスクの少ない事業となりますが、借入金の利息は必要経費として扱われ、損益計算で所得税などを軽減することができます。また、住宅金融支援機構や不燃公社などの公的金融機関、民間金融機関ともに、建築する建物などの種別等別に各種ローンを用意しています。自治体等の補助金制度もありますのでお問合せください。

入居者に選ばれる賃貸マンション

ニーズの変化を捉える

賃貸住宅市場は、人口構成の推移や景気変動などにより大きく変化が生じます。賃貸マンション経営を成功させるためには、社会の変化と入居者ニーズを的確に把握しておくことが大切です。下の円グラフは、今後ファミリー世帯と若年層の単身世帯が減少する一方、高齢者の単身世帯が増加することを予測した図です。

世帯類型別の賃貸住宅需要の変化

指で拡大してご覧ください

入居率と退居率

■人気設備ランキング

人気設備ランキング

指で拡大してご覧ください

市場調査を行い、入居者ターゲットのニーズに合った企画を行うことが賃貸経営をスタートする際に重要になります。人気の設備や重視される仕様などはインターネットのお部屋探し検索サイトを見ると大変参考になります。さらには、ペット共生型、楽器演奏者向け、セキュリティ重視型などの付加価値を付けて集客力を上げる方法もあります。

(全国賃貸住宅新聞社:
平成24年「これがあれば賃料が上がる」ランキング)

住宅の各要素に対する不満率

指で拡大してご覧ください

利便性が良く、外観がおしゃれで設備仕様が整っていて予算内の賃料だったら…
そんな賃貸マンションはすぐに満室になりそうだと想像できると思いますが、
入居率を上げるための施策と同様に大切なのは退居率をさげることです。
敷金をとれるからと回転率を上げるのがよいとされた時代もありましたが、
供給が需要を上回っている状況では優良な入居者に長く住んでもらう方が安定経営に繋がります。
美しい建物・行き届いた管理は、賃料維持や入居者モラルの低下を防ぎ、
近隣トラブルを避けることもできます。
そして住宅の基本性能をしっかりと備え、入居者にとって安心・安全で居心地の良い住宅を提供しましょう。

不満率のグラフを見ると、
持ち家と比べて不満率の高い「遮音性」や「水回りの使いやすさ、広さ」を改善することによって、、
退居率を減らし安定経営に繋げられると言えそうです。

いろいろな構造・工法

構造材料別

鉄筋コンクリート造(RC造)

主要な構造躯体が鉄筋コンクリートで構成されています。
耐火性,耐久性,断熱性,遮音性に優れ主に3階以上の中高層マンションに利用されています。法定耐用年数は47年です。また躯体となるコンクリートの壁・床・屋根を工場で製造するPC(プレキャスト鉄筋コンクリート)造という工業化工法があります。

軽量鉄骨造(S造)

主要な構造躯体である柱、梁が鉄骨で構成された建物です。
鉄骨は2.9mmまたは3.2mm厚のものを使用し、「ブレース」という筋交材で壁面や床面を補強します。この壁面や床面に木質系もしくはALC(気泡コンクリート)などのパネルを組み合わせて建物を造っていきます。主に2階建てまでの比較的小規模のアパート建築に利用されており、法定耐用年数は19年または27年です。

重量鉄骨造(S造)

主要な構造躯体である柱、梁に鉄骨が使われるのは軽量鉄骨造と同じですが、5.0mm厚以上の鉄骨を使用しています。
この構造は、体育館や商業施設などの大空間を設ける建築物に向いています。住宅に利用されるのは中高層以上の規模の建築で、法定耐用年数は34年です。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

鉄骨造と鉄筋コンクリート造の長所を併せ持った構造です。柱や梁は、鉄骨の廻りに鉄筋を組み、木製型枠で囲んでコンクリートを流しこみます。7~8階建て以上のマンションに利用されます。鉄筋コンクリート造に比べ小さい断面で強い骨組みを作ることができますが、コストが高くなります。法定耐用年数は47年です。

構造別

壁式構造

壁・床・天井の6面が箱型となって建物を支える地震に強い構造です。柱型や梁型が室内に出ないのですっきりした空間ができます。鉄筋コンクリート造の場合は主に5階建て以下のマンションに利用されています。

軸組構造(ラーメン構造)

垂直方向の柱と水平方向の梁で建物を支える構造です。開口部を大きくとることができる一方、柱型や梁型が室内に出て家具の配置上邪魔になることもあります。その他、壁式構造とラーメン構造をミックスさせた「壁式ラーメン構造」というものもあります。

工法別

プレハブ工法

プレハブとはプレハブリケーション(prefabrication)の略。工業化技術を活かした工法です。あらかじめ工場で建築の基本部品を製造し、現場で組み立てて建築します。工期が短く、品質のばらつきが少なく高い精度を有するのが特徴です。構造材によって木質系、鉄骨系、コンクリート系に大別されます。

在来工法

ほとんどの工事を現場で行うものを一般的に在来工法(従来工法)と呼んでいます。コンクリート系の場合、現場で鉄骨を組み型枠を作ってコンクリートを流し込んで構造体をつくるため、施工時の品質管理が非常に重要になります。

オーナーズライフサポート

オーナーズクラブ

オーナーズクラブではオーナーズ会、セミナーなどのイベント開催をはじめ、法律相談、税務相談もお受けいたします。

オーナーズ会

賃貸経営セミナー

お客様相談窓口

オーナー様の声にいつでもお応えできる相談窓口を設置しています。


会報誌

経営に役立つタイムリーな情報提供などにより、オーナー様の賃貸マンション経営をサポートする会報誌を発行しています。


サポート・サービス U-LET

ULET-50年先まで、オーナー様と共に。

賃貸マンション経営に50年の“安心”をお届けします。

大成ユーレックでは、長期安定経営を実現していただくために、建物の品質・性能だけでなく、経営を支援するサポートシステム「U-LET(賃貸マンション経営50年サポートシステム)」をご用意しております。50年先までオーナー様と共に、大成ユーレックは土地活用のパートナーとして“長いおつきあい”を確かなものにします。

■事業の流れとサービス内容

ご相談 ご相談 土地活用や賃貸経営、税務対策などのご相談に当社の専門家がお応えいたします。
市場調査 敷地条件や周辺環境、近隣家賃相場と入居状況などを調査し、最も有利な活用法を検討します。
経営計画
立案
事業プランを立案し、賃貸条件などを検討の上収支計画を作成します。
●土地活用シミュレーション
事業化 建築計画 建築プランの決定
建築確認
申請
法的な許認可の取得
ご契約 工事請負契約を締結
施工 直接施工体制で品質管理・安全管理をおこないます。
完成 品質チェックを行い、お引き渡しします。
運営 大成ユーレックは“長いおつきあい”を確かなものにするために、「経営サポート」「建物管理サポート」「ファイナンスサポート」
「オーナーズライフサポート」の4本柱で賃貸経営をバックアップ。
オーナー様の空室不安、入居者に対する管理業務の煩わしさ、将来の建物メンテナンスについての不安を解消します。
経営
サポート
●U-LET サブリースシステム
●U-パートナー管理システム
●テナント情報システム
●経営カウンセリングシステム
建物管理
サポート
●50年建物診断システム
●24時間サポート体制
●建物カルテシステム
ファイナンス
サポート
●ファイナンス斡旋
オーナーズライフ
サポート
●オーナーズクラブ
●会報誌
●お客様相談窓口

資産活用の継続をサポート「リバース賃貸経営システム」

指で拡大してご覧ください

経営サポート

U-LETサブリースシステム

大成ユーレックが一括借上げするサブリースシステムです。(最長30年)

●保証期間

  • 10年コース
  • 20年コース
  • 30年コース

大成ユーレックが賃貸マンションを最長30年一括して借り上げます。空室の有無に関わらず家賃を負担し、月々一定額をオーナー様にお支払いします。オーナー様は安定収入が得られ、さらに、あらゆる賃貸管理を当社が代行しますので、日常的な煩わしい管理に惑わされることなく賃貸経営ができます。建物管理サポート「50年建物診断システム」による計画修繕実施が条件となります。

指で拡大してご覧ください

経営サポート_サブリースイメージ図

指で拡大してご覧ください

U-パートナー管理システム

マンションと管理会社・メニューのベストマッチングを提供します。

大成ユーレックが業務提携する厳選された管理会社の中から、
オーナー様の事業にとって最適な管理会社・メニューのご提案をさせていただきます。
管理手数料等の割引サービスもございます。

大手業者、地元有力業者、学生専門など、多様な管理会社の中からオーナー様のニーズに合わせた管理会社・メニューをマッチング。

ネットワークイメージ図

指で拡大してご覧ください

テナント情報システム

店舗・事務所、高齢者施設などテナント情報を提供します。

オーナー様のご要望により、店舗・事務所、介護施設・高齢者向け住宅など、各種テナントの情報をご提供し、事業化へのサポートを行います。

テナント情報システム

■マッチング

オーナー様のご要望により、店舗・事務所、介護施設・高齢者向け住宅など、各種テナントの情報をご提供し、事業化へのサポートを行います。

飲食店舗、コンビニエンスストア+医院・薬局、メガネ量販店

経営カウンセリングシステム

長期安定経営のためのカウンセリングを行います。

大成ユーレックでは建ててからの長いおつきあいを第一に、経営カウンセリングを行い、市場ニーズや周辺環境にあわせて、全面リニューアルやリノベーションのご提案を行います。また、経営状況にあわせた融資条件の見直し等の相談もお受けいたします。

■事例紹介  全面リニューアル(間取り変更事例)1テナント>2住戸

24年前大成ユーレックで建てていただいた賃貸マンションを、築年数の古さをカバーする上質感とメンテナンス性を重視した間取りにリニューアル。
事務所として貸していたスペースの開口部を塞ぎ、2つの賃貸住戸をつくりました。

収納や建具に古さが感じられていた洋室を天井まであるスライディングドアを採用し、開け放てば広いリビングに、閉めれば個室を確保できる可変性のある間取りに一新。

指で拡大してご覧ください

■事例紹介  リノベーション社員寮+企業研究施設>ソーシャルアパートメント

社員寮兼研究施設として約20年間利用された後、ソーシャルアパートメントとして再生。研修施設の別棟を、共用キッチンやライブラリー、フィットネスルームなどを備えたデザイン性豊かな共用スペースとしました。住居棟の一部は2DKを1DKとワンルームの2住戸に変更しました。

共用キッチン&ダイニング

共用キッチン&ダイニング


建物管理サポート

50年建物診断システム

建物の継続的なメンテナンスで資産価値を維持します。

大成ユーレックでは建物の竣工後のアフターサービスにも万全を期しています。具体的には竣工後、1年点検、2年点検、5年点検、10年点検の定期点検を無料で実施します。もちろん不具合があれば、保証期間と保証内容によって無料で補修します。そして10年目以降は10年ごとに当社基準により、共用部の建築、給排水・電気設備の点検を行います。その結果、必要に応じて計画修繕をご提案いたします。綿密な点検とスピーディな補修によって、マンションの資産価値をいつまでも維持することができます。

※既に経営されている賃貸マンションについても、オーナー様のご要望があれば、随時点検をうけたまわります。

指で拡大してご覧ください

建物カルテシステム

大成ユーレックでは「建物カルテシステム」の導入により、 オーナー様のマンションごとに工事の施工記録や保全・メンテナンスに必要な関連技術情報等を管理しており、不具合が発生した場合の対応や、定期点検の実施をスムーズに行うことができます。


24時間サポート体制

オーナー様に代わり、建物・設備の不具合について、24時間365日体制でお問合せや緊急呼び出しに迅速に対応します。


ファイナンスサポート

ファイナンス斡旋

無理のない資金計画が、賃貸マンション経営成功のポイントです。

ローンには民間ローンと公的ローンがあります。民間ローンについては、提携金融機関と賃貸事業融資の基本契約を締結しており、大成ユーレックが融資斡旋を行います。もちろん金利の優遇もあります。
また、公的ローンの代表的なものは住宅金融支援機構融資です。住宅金融支援機構融資は固定で返済期間が最長35年と長いので、経営計画が立てやすく安心です。大成ユーレックは住宅金融支援機構融資取扱いで業界有数の実績があります。
マンション経営を成功させるためには、資金計画も非常に重要になります。大成ユーレックは、お客様の立場で各専門家との調整をさせていただきます。融資に関する疑問点やご要望など、お気軽にご相談ください。

「災害復興住宅融資」の活用による建替え

指で拡大してご覧ください

■事例紹介  「災害復興住宅融資」の活用による建替えテナントビル>賃貸マンション

東日本大震災によって所有する建物の解体を迫られ、建替えを望まれていたオーナー様に、大成ユーレックが満額融資を絶対条件として融資先を検討しました。
そんな折、住宅金融支援機構から東日本大震災に対する「災害復興住宅融資」の制度拡充が発表。すぐに事前相談を始め、「災害復興住宅融資」と「バリアフリー対応高円賃登録賃貸住宅融資」の併せ貸しで満額融資を取り付けることができました。

賃貸マンション経営と税金

固定資産税・都市計画税

小規模な土地の固定資産税評価額が更地の1/6、都市計画税は1/3

住宅用地については、土地にかかる固定資産税評価額が軽減されます。建物にかかる固定資産税も条件を整えれば5年間の税額が1/2に軽減されます。賃貸マンションを建てると固定資産税の負担を軽減することができます。

土地の固定資産税

指で拡大してご覧ください

建物の固定資産税

指で拡大してご覧ください

■固定資産税・都市計画税シミュレーション

固定資産税・都市計画税シミュレーション

指で拡大してご覧ください

※店舗併用マンション等の場合には、居住部分の割合に応じて住宅用地面積を算出します。

相続税

土地評価額が下がる:貸家建付地なら相続時に土地の評価額を2割前後軽減

賃貸マンションを建てると、土地の評価額を入居者の権利(借地権割合×借家権割合)の分だけ減額できます。

更地と賃家権付地の土地評価額比較

指で拡大してご覧ください

建物評価額が下がる:借家権割合(30%)が控除される

建物の相続税評価額は固定資産税評価額に相当する金額で評価されるので、建築費の約5~6割になります。
さらに賃貸マンションなら借家権の割合(30%)が控除されます。

約6000万円程度の評価を下げることが期待できる

指で拡大してご覧ください

また、賃貸マンションの敷地のうち、200㎡までの部分に限り、貸付事業用宅地等として小規模宅地等の評価の特例を受けることができ、さらに評価額が50%となります。

■相続税シミュレーション

相続税シミュレーション

指で拡大してご覧ください

賃貸マンション経営と税金_図62

※平成27年1月1日以降の相続開始から実施された改正は、基礎控除の4割引き下げと、
富裕層に対する税率アップが柱です。また、税率も現行の6段階から8段階へと移行しています。

●相続税基礎控除、●相続税の税率構造

指で拡大してご覧ください

所得税・住民税

還付を受けられることもある所得税・住民税

賃貸マンション経営が始まると、家賃などの収入から必要経費を除いた分は「不動産所得」として、所得税・住民税の対象になります。
ほかにも給与や年金などの収入があれば、それらの所得と合算して、毎年確定申告をしなければなりません。賃貸マンション経営の開始当初は経費が多く、赤字になる場合があります。ほかに給与所得などがあり、源泉徴収されているような場合には、赤字の不動産所得と黒字の給与所得を相殺する損益通算ができ、払いすぎた税金が還付されることもあります。

●損益通算とは、赤字(損)の所得と黒字(益)の所得とを通算することです。

指で拡大してご覧ください

■損益通算シミュレーション

損益通算シミュレーション

指で拡大してご覧ください

土地活用の方法

建てて貸す(賃貸住宅)

建てて貸す(賃貸住宅)

貸す(駐車場)

貸す(駐車場)

売却する(等価交換)

売却する(等価交換)

建てて貸す(店舗・ビル)

建てて貸す(店舗・ビル)

貸す(定期借地)

貸す(定期借地)

売却する

売却する

PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法とは? PC集合住宅の特徴

PC集合住宅(壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造)の特徴

壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造を材料・構造・工法ごとに見てみると下図のように位置づけられます。壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造(PC造)が、中高層集合住宅建設に優れている理由を、それぞれの特徴ごとに解説します。

壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造

プレハブ工法(PC工法)の優位性

  • 安定価格

    規格化された部材を専用の自社工場で量産するため、安定した価格で躯体を供給することができます。また、少ない作業員で工事を進めることができ工期も短いので、在来工法よりも建築コストを抑えることができます。

  • 工期短縮

    2ヶ月短縮

    PC工法は短い工期で建物を完成させられます。それは、建設現場の基礎工事と併行して工場で壁や床などの躯体となるPC板を製造するからです。しかも組立てられた建物の精度が高くコンクリートの養生期間が不要なので、建方工事(※)が終わるとすぐ配管工事や断熱工事、内装工事にとりかかることができます。

    また工場生産で品質が安定しているため、現場での手直し補修がほとんどありません。天候に左右されることも少なく、スケジュール通りに躯体工事を進められます。

    設計における構造計算や建築確認申請の際の構造審査を簡略化できるので、設計期間も短縮されます。この工期の短縮は、入居時期を早めることとなり資金回収が早まるなど、マンションオーナー様にとって大きな味方となります。

    さらに、建設現場の手間が少なく、少ない作業員で工事を進めるので、社会問題になっている作業員不足の影響も受けにくい工法です。

    ※建方工事:現場においてPC板を組立てる工事のこと

  • 高品質

    建物の躯体となるPC板は、工場生産ならではの均一で高い品質が保証されています。ISO9001を取得した自社工場で厳しい品質管理を徹底しており、最新式のプラントで製造するコンクリートの強度は設計基準強度の2倍以上(※)あります。

    ※大成ユーレックの一般的なPC集合住宅の場合

    壁となる部材も平面上で作業を行うので、鉄筋や埋め込み物のセットは正確で、型枠の隅々までコンクリートを充填できます。
    コンクリートと一体となった外壁のタイルは、年数が経っても剥がれる心配はありません。
  • 省エネ・省資源

    地球環境にも近隣住民にもやさしい

    木製型枠をほとんど使わないPC工法は、在来工法に比べて産業廃棄物の排出を約40%減量化でき、木材資源も浪費しません。
    コンクリート打ちの騒音や型枠解体時の粉塵など、在来工法につきものの近隣へのご迷惑を最小限に抑えます。

鉄筋コンクリート造の優位性

  • 耐火性

    壁式PC構造[イメージ図]

    不燃のコンクリート板が、炎をシャットアウト!
    1000℃にものぼる火災時の燃焼温度。軽量鉄骨造のアパートでは、鉄骨が変形し建物全体に多大な被害を及ぼします。これに対し壁式PC造マンションは、壁や床が不燃のコンクリート板ですので全く火を寄せつけません。万が一、室内で出火した場合でも、隣接した住戸への延焼の恐れもありません。

  • 耐久性

    壁式PC構造[イメージ図]

    耐久性ランキングでは、ダントツのトップ。
    PC板は雨水が透水しない密実なコンクリートであり、そのかぶり厚さ(鉄筋の表面からコンクリートの表面までの厚さ)が十分確保されているので、PC造の建物にはサビの心配が全くありません。さらに、強風や酸性雨にも強くPC板は優れた耐久性能をもつ理想的な建築部材です。

  • 断熱性

    コンクリートは暖まりにくく冷めにくいことが特徴です。また、表面のなめらかなPC板には隙間なく断熱材を張り付けられるので、冷暖房効果が高く、1年を通して快適な居住空間です。

    壁の構造イメージ図

    断熱性入居者アンケート

    遮音性

    集合住宅では、生活の中で生じる様々な音への配慮が必要です。コンクリートは構造体が重く密度が高いので、軽量鉄骨系や木質系の建物と比べて非常に優れた遮音性、耐振動性があります。

    遮音性比較図

    遮音性入居者アンケート

壁式構造の優位性

  • 耐震性

    壁式PC構造[イメージ図]

    壁式構造は壁・床・天井の6面が構造体となって空間をつくります。剛性の高い構造体が一体となって地震力に面で抵抗するため、地震時の揺れが少ない構造です。

    軸組構造[イメージ図]

    軸組構造(ラーメン構造)は、柱や梁が構造体です。各構造体が点で接合されており、地震時には揺れることで構造体を守ります。そのため、家具の転倒や構造体以外の壁などの被害が生じてしまいます。

震度7の大地震でも、びくともしない建物。
東日本大震災は、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした日本観測史上最大の超巨大地震でした。多数の建築物が倒壊しましたが、調査を行った518棟の壁式PC造マンションは、地盤の異常による1棟を除いた全てが無被害または軽微であり、実害を免れました。また、1995年に発生した阪神・淡路大震災でも、新耐震設計法以降に建築および増築した壁式PC造マンション872棟のうち99.66%が無被害で、耐震性の高さを証明しています。

東日本大震災における壁式PC造マンションの被害

※2012年 日本地震工学会論文集
飯塚正輔著「被害状況調査の収集によるプレキャスト建築物の被災の傾向」より

フリープラン(RC造他)

  • 老人ホーム
  • 厚生施設
  • 保育所
  • 事務所・店舗
  • 店舗併用賃貸マンション
  • フリープランの実績一覧はこちら

PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法とは?

PC工法3つのお得!

  • 1.建設物価高騰の影響を受けにくく、安定価格で供給

    規格化された部材を専用の自社工場で量産するため、安定した価格で躯体を供給することができます。

  • 2.建設作業員不足による工程への影響を受けにくく、在来工法より約2か月短い工期

    建物の基本となる部材を自社工場で製造した後、建設現場へ持ち込み躯体を組み立てるので、建設現場の手間が少なく、少ない作業員で早く工事を進められます。

  • 3.いつでも均一で安定した品質

    建物の躯体となるPC板は工場生産ならではの均一で高い品質が保証されています。

PCとRCの違い

「PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法」とは、建物の基本となる部材をあらかじめ工場で製造した後、現場へ持ち込み組立てる工業化工法です。一方の「RC(在来工法)」とは、現場で鉄筋・型枠を組み、コンクリートを流し込んで躯体を造る工法です。

上の動画が見られない方はこちら

RC/PC

PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)板製造工程

大成ユーレックのPC(プレキャスト鉄筋コンクリート)板は、ISO9001を取得した工場で、徹底した品質管理のもと製造されています。

上の動画が見られない方はこちら

パルローグ シニア モデルプラン

モデルプラン

メリットの多い壁式PC工法を採用したモデルプランです。

モデルプラン1階

指で拡大してご覧ください

モデルプラン2階

指で拡大してご覧ください

壁式PC工法の特徴

  • 品質が安定しており耐久性も高い建物です。

  • 繰り返し襲う地震にも強い壁式構造です。

  • 短い工期が年度内開設を可能にします。

  • どんな地域でも建設可能な火災に強い耐火構造です。

  • 工業化工法により、建設コストを抑えられます。

  • 遮音性能と防振効果があります。

  • 省エネ効果を発揮し、光熱費に差をつけます。

  • 地球環境にも周辺環境にもやさしい工法です。

パルローグ シニア

高齢化の進む社会において、《高齢者向け施設・住宅による土地活用》は、

社会貢献と長期安定収入の両立が可能な事業です。

各国の高齢者の居住状況

指で拡大してご覧ください

日本は今、世界で一番高齢化率が高く、他に類を見ないスピードで高齢化が進展しています。国も超高齢社会※に対応した医療・介護・住宅の制度作りを進めています。
一方、「終活」を意識する年齢になると「子供に迷惑をかけたくない」と考える方が増えており、健康寿命を少しでも長く、また何かあった時でも適切なサービスが受けられる「高齢者が安心して暮らせる住まい」が求められています。
大成ユーレックは、長年のマンション建設のノウハウを生かし、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅として「パルローグシニア」を土地活用のメニューとしてご提案します。

※総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合が21%を超えた社会を「超高齢社会」といいます。

コンサルティング

長期の安心・安定した収益

土地活用サポートシステム

指で拡大してご覧ください

専門担当者が、土地の立地や広さに合わせて高齢者向け住宅による事業を企画します。

プロジェクト企画室 部長 澤幡 美仁
1級建築士 福祉住環境コーディネーター
ファイナンシャルプランナー

高齢者向け住宅の特徴と適地の目安

高齢者向け住宅の特徴と適地の目安

指で拡大してご覧ください

マッチング


土地オーナー様と介護事業運営会社様をマッチング。そのエリアや規模で事業展開を希望する運営会社を探してご紹介します。サ高住登録基準や運営会社様のニーズを反映しつつ、設計を行い、長期安定経営を実現する土地活用をサポートします。

パートナー企業

  • Bennese©
  • ニチイ
  • SOMPOケアネクスト
  • 株式会社荒井商店
  • 東急不動産
  • Charm Core Corporation
  • 東京建物シニアライフサポート
  • 株式会社フィルケア

(順不同)その他多数

事業の流れ

指で拡大してご覧ください